1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

▼2020年3月14日 JR常磐線が9年ぶりに全線で運転再開を果たす

東日本大震災と東京電力福島第1原発事故で不通が続いていた、JR常磐線の富岡(福島県富岡町)-浪江(同県浪江町)間、20・8キロの運行が14日再開し、常磐線は約9年ぶりに全線がつながった。

常磐線は震災後、復旧作業が難航していたが、避難指示もようやく解除され、福島県内の富岡―浪江駅間の20・8キロが開通した。これで、品川・上野―仙台駅間がつながり、3月14日に全線の運転が再開した。

▼特急ひたちも仙台へ

常磐線は東京都と宮城県を結ぶ。今回の全線開通に合わせ、東京―仙台間を直通運転する特急列車の運行も再開。

上野・品川と仙台間を「ひたち」が1日3往復する。震災発生直前までは、上野―仙台間を特急「フレッシュひたち」「スーパーひたち」が1日7本、最速4時間12分で結んでいた。

復旧区間の富岡―浪江間では普通列車が1日11往復する。

▼常磐線の運転再開に柏駅では東武鉄道の職員まで駆け付けた!?

#常磐線全線開通 そういや、柏駅のひたち号お見送りに東武鉄道の人たちも駆けつけたっぽい。 JR柏駅の改札から東武鉄道の人たちが出ていく所を見かけました。(もしかしたら違うかも。) 他の会社でも、同業者として祝う。 常磐線は、色々な人たちから愛され、それだけ大きな出来事ということですね! pic.twitter.com/ay5C0hvPFm

▼常磐線の全線での運転再開により代行バスも3月13日で最後となった

常磐線代行バス、富岡発最終便の運転手さん、添乗員さんに地元の方から花束贈呈と挨拶。拍手。運行会社は浜通り交通。 #もくせい散歩 #常磐線 pic.twitter.com/0cSw3EhiHw

常磐線代行バス、富岡発最終便ダイジェスト写真。一枚目:運転手・添乗員さんに地元の旁々から花束贈呈。二枚目:バス到着。三枚目:地元の方が色とりどりの明かりでお見送り。四枚目:役目を終えて撤去されるバス停。 #もくせい散歩 pic.twitter.com/xLk409Mlga

▼常磐線の9年ぶりの全線での運転再開にツイッターでも投稿が相次いだ

常磐線、全てが熱い。今ダイヤ改正で一番熱い。これは全てに泣かされる。 pic.twitter.com/8HkagGJCS1

常磐線全線運転再開沿線の歓迎まとめ(順に富岡駅、富岡〜夜ノ森、浪江駅、原ノ町駅) これ以外にも沿線でお見送りされてる住民の方々がたくさんいらっしゃいました 運転再開は地域の悲願だったんだなと思うと感慨深いですね #常磐線全線運転再開 pic.twitter.com/4VEwosnF9D

先程常磐線上りいわき行き一番列車が原ノ町を発車しました。 原町の景色見ながらいわきまでの停車案内聞ける日がようやく戻ってきました。あー良かった…長かった… さてさて、ボックス席も確保できてるので、あとはゆっくり、久々に乗る区間の小旅行を楽しむこととします(´・ω・`) pic.twitter.com/tWGeR5G2bm

8時ちょうどの特急ひたち3号仙台行き。新型コロナ自粛ムードの中、派手なセレモニーもなく、静かに出発。震災と原発事故から9年。ようやく常磐線が仙台までつながった。 pic.twitter.com/TF8rxIy6ZB

『おかえり 仙台ゆき特急列車』 東日本大震災から9年、上野始発仙台ゆきの特急列車が本日より運転を再開しました。原発事故や津波で線路が流失などありましたが、ついに線路が繋がり、常磐線は全線で運転再開となりました。 これを機に、常磐線特急で仙台へ行ってみたいですね。 pic.twitter.com/8NOODmLnSV

いま、品川駅中央改札。 12時45分発、特急ひたち13号に乗って、南相馬に帰る。 とうとう、この日が来た。 9年かかった。 でも、来た! 電光掲示板の、常磐線、仙台、ひたちの文字を見上げるだけで、泣けてくる。 (土浦は、わたしが生まれた場所です) 今日、常磐線が全線開通した! pic.twitter.com/kOe36VcizW

いよいよ明日、JR常磐線の夜ノ森駅、大野駅、双葉駅が繋がります。 9年の時を経て、常磐線全線の運転再開です。 pic.twitter.com/TuFdRpoRJ4

ふたば駅は、 再開したばかりの駅です。   応援して下さいね☆   お友達にもここを 教えてあげて下さいね。 pic.twitter.com/ZnQlBEryBR

1 2