季節性アレルギー性結膜炎には、代表的なものとして杉やヒノキの花粉があります。また、ブタクサなどもその一つです。アレルギー反応は、肥満細胞からヒスタミンを大放出します。

それによって、目の知覚神経や毛細血管が刺激され、かゆみや炎症を起こすのです。目の表面にその花粉などのアレルゲンが付着することによって、結膜に炎症が起こることが季節性アレルギー性結膜炎の大きな原因です。

出典季節性アレルギー性結膜炎の症状,原因と治療の病院を探す | 病院検索・名医検索【ホスピタ】

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

特定の季節にのみ症状が…季節性アレルギー性結膜炎とは?

目の表面に花粉などのアレルゲンが付着して、結膜に炎症を起こす病気であるアレルギー性結膜炎には特定の季節にのみ症状がでることがあるいます。これが季節性アレルギー性結膜炎です。これは花粉などが原因なわけで、花粉症よりも認知度が低いですが苦しんでいる人は想像以上に多いようです(私も)。

このまとめを見る