1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

うそでしょ…ネットで噂される「おとり物件の闇」

春の引越しの際に注意したい。

更新日: 2020年03月20日

31 お気に入り 91788 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年も引越しシーズンが到来

不動産屋の「その物件埋まっちゃいました」が嫌なので直でやり取りしたい

不動産仲介の人「おとり物件とかいっぱいありますよwwまえ僕おとり物件の写真撮りに行ってましたしwww」 僕「なにわろとるねん」

おとり物件とは…

これは、言葉のとおり「おとり」であって、実在しない物件やワナのような物件のことを指します。

駅近で、格安で、日当たりもいい、というような、ちょっとよさげな物件を見て、不動産会社に問い合わせてみると、すでに申し込みが入っていたり、契約が終わっていたりする状態になっている。

ひどいケースだと、彼らは前出のおとり物件をさらによりよく見せるため、物件情報を勝手に“数値改ざん”するという。

なぜそんな物件を掲載しているのか

なぜ、おとりが横行しているのか。大家から物件を預かり、店子を探す不動産業者にとって「成約」こそが商売の種だ。

その成約率をいかに上げるかといえば、客の来店率を上げることが必須となる。そこで、おとり物件で客を店に引き寄せ、他の類似の物件を紹介して成約へと導くのだ。

いい物件を見つけて来店しても

賃貸物件探しで、不動産情報のサイトを見て「格安物件だ!」と下見を申し込んだものの、「つい先ほど入居者が決まってしまって…」と言われた経験はありませんか。

不動産業者の中には、入居者が決まっているのを知りながら好条件の物件の情報を出しっぱなしにする、いわゆる「おとり物件」を掲載しているところがあるようです。

営業マンに言われるままに別の物件を紹介され、営業マンにとって都合のよい物件をあてがわれ、契約させられることが多くあります。

元々、おとり広告は、入居が決まった物件の「落とし忘れ」が多いと言われている。ポータルサイトや自社ホームページに掲載した後に入居が決まったが、更新作業が間に合わずにさらに問い合わせがきてしまうことだ。

もちろん業者の手違いだったというケースも。

昨日不動産屋に行って「あーちょうど今埋まっちゃったんですよー」とか言われた物件を別の不動産屋に問い合わせたら「ご紹介可能です!ぜひご来店ください!」ってメールが来たわけだ。こいつら本当に何も信じられん。

狙ってる賃貸物件予約しようと連絡したら昨日ちょうど埋まった×2あって、別の不動産屋に同じ物件聞いてみたら2部屋ともまだ空いてると 不動産屋よくわからん

めっちゃ良い物件見つけて2月10日に内見のお問い合わせして、違う物件ばかり勧められて15日にネット上の賃貸情報更新されてたのに、今日もう一度その物件が良いですと言ったらその物件は終了してますと言われたんだが 100%おとり物件やんけ。糞腹立つ youtuberだったら不動産屋の闇って動画投稿したい

おとり物件を見抜くには…

不動産・住宅情報サイトを見ていて、「この築年数と広さで、この家賃!?」というような条件の良過ぎる物件を見つけたら、もしかしたら「おとり物件」かもしれません。

1 2 3