1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■『パラサイト』ポン・ジュノ監督はミュージカル映画に意欲

監督映画『パラサイト』が、カンヌ国際映画祭のパルムドールを受賞し、続くアカデミー賞ではアジア映画初の作品賞を含む4部門を受賞したポン・ジュノ監督。

韓国社会の最上層と最下層に生きる2組の家族を描いたスリラー作品は世界中の人々から高い評価を得た。

そしてこの度、ポン・ジュノ監督はイギリスの映画誌「Empire」のインタビューで、「ミュージカル映画を作ってみたい」と語った。

・しかし、どうやら構想では普通のミュージカルではないらしい

一方で、「『雨に唄えば』(1952)など、素晴らしいミュージカル映画はありますが、それでも観ていると照れくさくなってしまう」と語るポン・ジュノ。

監督の構想によると「主人公たちが歌い始めると、“ダメだ、わざとらしい!”と思い立って、途中で歌うのをやめてしまう」というもの。

ポン・ジュノ監督のミュージカル映画構想の話を見て、めっちゃ気になる 観たいなぁ。

企画されたら観てみたい!!(笑) 苦手で照れくさいからこそ創れるかもしれないポン・ジュノミュージカル(笑) 『パラサイト 半地下の家族』ポン・ジュノ監督、ミュージカル映画を「作ってみたい」 ─ ただしミュージカルは苦手「照れくさい」 theriver.jp/bong-intereste… @the_river_jpから

■「新しい挑戦をしたい」と所属事務所を退社した米倉涼子

女優の米倉涼子は、27年間に渡り所属しオスカープロモーションを3月いっぱいで退社することを発表した。

今後も女優業は続け、「自分らしく頑張っていきますので、引き続きどうぞよろしくお願い申し上げます」と決意をコメントした。

・海外での活動も視野に入れている?

主演ミュージカルでブロードウェイも経験している米倉だが、海外で活動したいという気持ちが強いという。

個人事務所を立ち上げるとみられるが、海外進出を視野に米国の事務所とエージェント契約を結ぶ可能性もあるという。

米倉さん……、すごいなぁほんと……… 独立してマネージャーさんも雇わず、打ち合わせ、スケジュール等々全部1人でやるのか…女優としてより活躍するためにって本当凄い。ドクターXからのファンですが、これからも応援します! RT

米倉ちゃんかっこいい。もう十分義理は果たしただろうし、自分の幸せのために生きてほしいわ。

■米倉と同じオスカープロモーションを退社していた忽那汐里

オスカープロモーションでは米倉の後輩にあたる忽那汐里も昨年12月で事務所を辞めていたことが明らかになった。

武井、剛力とともに“オスカー3人娘”と呼ばれ、『家政婦のミタ』など人気ドラマで活躍していた忽那。

オーストラリア出身の忽那は14歳までシドニーで過ごし、英語も堪能。

・忽那は密かにハリウッドで躍進を続けていた

1 2