1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●新生活で欠かせない「お部屋探し」

立地も家賃も条件通り、周辺環境も申し分なし。広さも間取りも悪くないんだけれど「この位置に目隠しになるものがあれば」

●割安な賃料で紹介されたときに気になるのが「事故物件」

部屋探しをする時間は、新しい生活環境を想像したり、内見にいったりとワクワクします

立地条が良いなど好条件の割には、割安な賃料で紹介されていたら、「これって事故物件じゃないよね……」と不安になりませんか?

●そもそも「事故物件」とは?

●事故物件の事例

・強制執行の当日に自殺のケース

たとえば強制執行の当日に、立退きを拒否していた住人が執行官の前で焼身自殺してしまったケースも

・5万円の値下げとなった物件のケース

「東京でも有数なセレブな街で、駅前の15階建てのマンションの最上階1LDKの部屋の家賃が、

月額18万円から13万円に値下げになっていたんですよ。5万円の値下げはすごいですから話を聞いたら前の住人、部屋の中でバラバラにされていたらしいですよ。相当恨まれてたんでしょうね」

●事故物件かどうかは「心理的瑕疵」に該当するかによる?

不動産会社は、どんな物件をどういった取引条件で借りるかについての重要な項目を説明する義務がある。

1 2