1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

自殺が多い月。今月はコロナ影響も心配してる件

3月は自殺数が多い月ですが、今年はコロナも拡大。先が見えない…助け合えたらいいですね。

更新日: 2020年03月19日

6 お気に入り 25108 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

pinkswan999さん

◎知ってますか…3月は自殺が多い月なんです。

早春はストレスを抱えやすい季節。とくに、3月は1年の中で最も自殺率が高い月

自殺者数を月別に見ると、「3月」が一番多く、「12月」が一番少なくなっています。この傾向は、例年変わっていません。

▼自殺対策強化月間として啓発活動も…

「自殺対策基本法」では、自殺者数が多い3月を「自殺対策強化月間」と定めています。

内閣府は「自殺対策強化月間」として、街頭やマスコミなどを通じて大々的な広報キャンペーンを行っています。

国や自治体が関係団体と連携して、悩みを抱えた人が必要な支援を受けられるよう自殺防止の取り組みを実施しています。

▼なぜ多いの…

▼就職や新学期で環境変化がポイント

3月は学校の卒業の月であるが、人生を卒業(自殺)する人も少なくない。

一部の人にとっては、3月は魔の季節。受験に失敗した、希望とは違う会社にしか就職できなかった

▼さらに決算で倒産や失業も影響しています

3月は決算の時季。デフレが続く近年では、早春に倒産を迫られる企業、失業を迫られる従業員が増える

自殺と景気動向には相関関係があるともいわれる。実際、いざなぎ景気やバブル景気のときには自殺者が減少したことを示す研究報告もある。

失業者が増えると自殺者も増え、失業者が経ると自殺者も減少する

◎そんな中、今年は新型肺炎コロナウイルスで経済不安に…倒産も予想される

新型コロナウイルス感染拡大により、感染者数や死者数に注目が集まるが一斉休校やイベント自粛などによる社会経済活動の停滞

会社やお店の経営難や破産、失業、非正規で働く人たちの雇い止め、自営業・フリーランスで働く人たちの収入減、コロナ対策にあたる人たちの過労…

「命」を守るための対策は社会経済においても待ったなしで必要とされていると言えるだろう。

1 2