1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

東京五輪がもし中止になったらチケット代金は戻ってくるの?

東京オリンピックがもし中止になった場合、購入済みのチケット料金は払い戻しになるのでしょうか?

更新日: 2020年03月18日

4 お気に入り 19277 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■色々な噂が出回っている東京オリンピック

7月24日に開幕が予定されている2020年東京五輪だが、新型コロナウイルスの感染が世界に拡大する中で、中止や延期になる懸念が高まっている

ウイルス絡みの封鎖によって練習施設を利用できない選手が現れたり、大きな大会や予選が中止になったりしている中、選手の準備はすでに壊滅的な状況

「IOCは大会に向けて練習しなければならない私たちや家族、公衆の健康を脅かしたいのか。あなたたちはまさに今、私たちを危険にさらしている」

選手も開催を危惧しています。

■しかし、開催の方向で動いているという

G7=主要7か国の首脳による緊急のテレビ会議で、安倍総理大臣が東京オリンピック・パラリンピックの完全な形での開催を目指す考えを示した

「大会まで4か月あり、今は抜本的な決定をすべき時ではない」として予定どおりの開催に向け準備を進めていく考えを確認

IOCの考えです。

東京五輪への出場選手の43%がまだ決定していない。新型コロナウイルスの影響で今後予選を開くことができない場合は、現時点での世界ランキングや過去の実績をもとに出場選手を決定することを各競技団体に説明した

■もし中止になったら…。その損失は計り知れない

中止となれば、新国立競技場の整備費1569億円や、選手村の987億円など、巨額投資が水泡に帰す

東京五輪には莫大(ばくだい)な金がかかっている。東京都などはインフラ整備と大会の準備に数兆円を費やしているが、それらに保険は適用されない

東京五輪・パラリンピックが開催中止に追い込まれた場合、約7.8兆円の経済損失が発生するとの衝撃的な試算を公表

■そして気になるのが「チケットの払い戻し」だ

延期となれば、大会運営の計画見直し、組織委のチケット対応、追加出費、損失などが発生する

中止となった場合、大会組織委員会が定める観戦チケットの購入・利用規約上、払い戻しはできない見通しになっていることが18日、大会関係者への取材でわかった

履行できなかった場合に、その原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません」と明記

■その一方でこんなニュースも

大会関係者によると、新型コロナウイルスが原因で中止となった場合、この規約の「公衆衛生に関わる緊急事態」にあてはまるという

しかし↓↓

規約には「原因が不可抗力による場合には、当法人はその不履行について責任を負いません」とあるが、「払い戻しを一切しないということではありません」

「万が一、大会自体や一部競技が中止になった場合『規約上の不可抗力とは何を指すか』から改めて協議することになると思います。現段階では、払い戻しをしますともしませんとも断言はできません」(広報)

■参考になるか分からないが、「いわきサンシャインマラソン」では払い戻しナシ

感染拡大リスクが高まること、更にはボランティアスタッフの確保が懸念され、安全な大会運営に支障が生じるおそれがあることから、本大会を実施することは困難であると判断

「第11回いわきサンシャインマラソン」を中止すると発表した。沿道に多くの人が集まるなど、感染拡大のリスクが高まると判断した。参加料の払い戻しは行わない

節目の大会を記念して、完走したランナーに贈呈される予定だったメダルについては事務局で対応を検討する。参加費の返金はない

1 2