1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

□なんだか病気になりやすい...

最近からだがだるい、体調を崩しやすくなっていると感じる人は、からだの抵抗力が下がっているのかもしれません。

特にインフルエンザやノロウイルスなど免疫力が低下していると感染する確率が高くなってしまいます。

免疫の低下は20代から始まります。40代ではピーク時の半分以下になり70代になるとピーク時の10%程度に落ちると言われています。

□免疫力とは?

免疫力とは、「疫(病気)を免れる力」のことです。

私達の身体には日々色々な細菌やウィルスが侵入していますが、その外敵を白血球を中心とする免疫細胞が駆除することで病気にならずに済んでいます。

皆さんの中で、年に1回以上風邪をひく、よくインフルエンザにかかる、ガンが発生するということは、この免疫力が弱まっていると自覚すべきです。

□世界で猛威を振るっている新型コロナウイルス

ワクチンもない状況で今最も我々が大事にすべきことは体の免疫力を上げて健康体でいる事です。

万が一、感染しても体力や免疫力が強ければ、症状がでなかったり、症状がでても軽くすむ可能性があります。

□そこで、免疫力を高める方法を5つ紹介!

身体が栄養不足になると、外から侵入してきたウイルスと戦う”戦士である免疫細胞”も弱っちくなるんです。

不足している栄養素をなくし、必要な栄養分をしっかりととることが免疫力を高めるためには重要です。

□日常の中で笑顔を増やす

過去に行われた実験でお笑い番組をみた被験者の唾液を検査したところ、お笑い番組を見る前と比べてIgA濃度(外的の侵入を防ごうと働く粘膜免疫)が上昇したという結果も出ています。

外出中にニヤニヤしていると不自然に思われるかもしれませんので、家にいる時になるべく多く笑顔を作ってみましょう。

□軽い運動をする

運動不足は筋肉量の低下や体力の低下を招き、その結果、免疫力の低下へとつながります。

血行を高めてあげることが目的なので、有酸素運動のような「比較的長時間続けられる」体に対して負荷の少ない運動で大丈夫です。

急に激しい運動を始めると、心臓や脳に負担がかかり突然死してしまったり、足腰に負担がかかり体を傷める場合がありますので、適度な範囲で行いましょう。

1 2