1. まとめトップ

紅一点に今田美桜!豪華追加キャストで『半沢直樹』続編が楽しみ

平成ドラマ視聴率1位だった堺雅人主演『半沢直樹』続編が2020年春ドラマに登場。前作キャストの香川照之らの続投が決まっていたが、新たに豪華キャスト15人が解禁された(賀来賢人、今田美桜、戸次重幸、井上芳雄、南野陽子、江口のりこ、筒井道隆、柄本明、古田新太、井川遥、市川猿之助、池田成志ほか)。

更新日: 2020年03月24日

4 お気に入り 9173 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆平成ドラマ視聴率1位を獲得した『半沢直樹』

東京中央銀行の銀行員・半沢(堺)が行内の数々の不正を暴く逆転劇を痛快に描き、視聴者の心をわしづかみにした。最終回の平均視聴率は平成ドラマ1位となる42・2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークし、社会現象に。

◆4月から7年ぶりに続編が放送される

「半沢直樹」の続編が、2020年4月期のTBS日曜劇場枠(夜9時~9時54分)で放送される。

前作に続き、池井戸潤氏の半沢シリーズが原作で、今回は「ロスジェネの逆襲」「銀翼のイカロス」(文春文庫)の映像化に挑む。

主演の堺、演出の福澤克雄がともに続投。脚本を、ドラマ「下町ロケット(第2シリーズ」(2018)や映画『七つの会議』などの池井戸作品を手掛けてきた丑尾健太郎らが担当する。

◆香川照之や上戸彩ら前作キャストも続投

メインキャストの続投が決定。半沢の同期で頼りになる情報通、東京中央銀行融資部の渡真利忍役の及川光博、大阪では大阪国税局統括官として、東京では金融庁検査局主任検査官として常に半沢の前に立ちはだかった黒崎駿一役の片岡愛之助、

東京中央銀行の頭取・中野渡謙役の北大路欣也、怪演ぶりが大きな話題となった常務・大和田暁役の香川照之が引き続き登場する。

前作に登場した半沢の妻役で上戸が続編にも出演する。上戸が演じるのは、前作同様、不正を働く個人の謀略、理不尽な組織の理屈と真っ向からぶつかり合う半沢を献身的に支える、夫思いの妻・半沢花。

◆そして豪華追加キャストが発表 半沢の味方に賀来賢人と今田美桜

追加キャストが発表され、今回からの出演者として賀来賢人、今田美桜、戸次重幸、井上芳雄、南野陽子、江口のりこ、筒井道隆、柄本明、古田新太、井川遥、尾上松也、市川猿之助、池田成志、土田英生、山崎銀之丞らキャストが一挙に発表された。

半沢の出向先である東京セントラル証券のプロパー社員・森山雅弘を演じるのは、賀来。森山と同じく半沢の下で働く東京セントラル証券の新入社員・浜村瞳役には今田。森山と浜村は、半沢の“新たな戦い”をサポートする重要な役どころとなる

日本トップクラスのIT企業となったスパイラル社の創業メンバーの一人、加納一成役には井上芳雄。スパイラル社の創業者・瀬名洋介役には尾上松也。次代を担うIT企業家として将来を嘱望されていた彼だが、あることをきっかけに窮地に陥ってしまう。

半沢や渡真利(及川光博)が情報交換をする行きつけの小料理屋のおかみ・智美役は井川遥。智美は、東京中央銀行の個人株主であると同時に銀行の内部事情に詳しく、半沢たちを静かに見守るドラマオリジナルのキャラクターだ。

◆半沢に敵対するのは古田新太&市川猿之助

今作で半沢に立ちはだかる面々として、東京中央銀行の中野渡頭取(北大路欣也)と敵対する同行の副頭取・三笠洋一郎役に古田新太。中野渡頭取や大和田常務(香川照之)にも負けぬふてぶてしさで半沢をピンチに追い込む。

その三笠が目をかけている東京中央銀行証券営業部部長・伊佐山泰二役には市川猿之助。伊佐山は、大和田常務を失脚させた半沢に恨みを抱いており、三笠の忠実なる手下として半沢と激しくぶつかり合う。

大手IT企業・電脳雑技集団の副社長である平山美幸役で南野陽子、半沢と同じ銀行からの出向組・諸田祥一役で池田成志、太洋証券営業部長・広重多加夫役で山崎銀之丞が出演する。

◆物語の後半に登場するのが柄本明&江口のり子の師弟コンビ

後半では、アナウンサーから政治家に転身した国土交通大臣・白井亜希子役で江口のりこが出演。大手航空会社・帝国航空の再建をめぐり“半沢潰し”の急先鋒として鋭く斬り込んでいく。

江口演じる白井大臣が立ち上げた再生組織、帝国航空再生タスクフォースのリーダー・乃原正太役は筒井道隆。さらに、白井大臣を支援する進政党の大物議員・箕部啓治を柄本明が演じる。

1 2