1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

スタッフ95%を解雇する団体も…コロナの悪影響がマジでヤバい

シルク・ドゥ・ソレイユがスタッフ95%を一時解雇するという衝撃の発表を行いました。新型コロナが確実に社会を蝕んでいるのが分かります。

更新日: 2020年03月20日

8 お気に入り 22297 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■新型コロナが経済を蝕んでいる

国際労働機関(ILO)は18日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、各国政府が迅速に雇用保全に向けた対応を行わなかった場合、世界的に最大で2500万人近い雇用が失われる恐れがあると警告

新型コロナウイルスが米欧各地域に広がる中で、2月24日に始まった世界の金融市場の混乱に一段と拍車がかかっている

米中は既に貿易戦争とも呼べる状況になっているせいで輸出入は縮小傾向だが、コロナウイルスがそれに拍車を掛けている

■あの「シルク・ドゥ・ソレイユ」がスタッフ95%を一時解雇

シルク・ドゥ・ソレイユ(仏: Cirque du Soleil[† 1]、日本語直訳: 太陽のサーカス)は、火喰い芸(en)の大道芸人だったギー・ラリベルテが、1984年にカナダのケベック州で設立したエンターテイメント集団

新型コロナウイルスの感染拡大により世界各地で行われる予定だった44公演が中止となったことを受け、全スタッフの95%に当たる4679人を一時的に解雇すると発表

同劇団は「極めて難しい決断だが、他の選択肢はない」と表明した。残るスタッフは、公演が再開されるときに備え、企画などの業務を続ける

■これはショッキングなニュースだ

これは絶望 カナダのサーカス、95%解雇へ 「シルク・ドゥ・ソレイユ」 #SmartNews this.kiji.is/61355622993752…

■更に「メトロポリタン・オペラ」にも不穏なニュースが

メトロポリタン・オペラ(英: Metropolitan Opera)は、アメリカ合衆国ニューヨーク市に本拠を置くオペラ・カンパニー

メトロポリタン歌劇場(The Metropolitan Opera、MET)は20日、新型コロナウイルスの影響により、5月9日まで予定していた今シーズンの公演を全て中止すると発表

所属する楽団員やコーラス歌手、舞台スタッフらは一時解雇となり、給料の支払いは3月末で打ち切られる

■そしてあの「ボーイング社」が経営危機に

ボーイングは2020年3月17日(火)、同社と取引先の部品メーカーなども含めたサプライチェーン全体に向け、アメリカ政府や民間金融機関に600億ドル以上の支援を要請

主力機「737MAX」の不祥事に加えて、新型コロナウイルスの感染拡大で需要が急減し、資金繰りが逼迫している

トランプ大統領はボーイング救済を明言したが、株価は下げ止まらず、財務悪化に備えてリストラが不可避となっているとみられる

■倒産ということになったらどえらいことになりそう

今回のコロナは、ボーイングを倒産の危機に追い込むほどの影響と考えれば、流石に苦しいなぁ、、、 pic.twitter.com/SMjD32bIY6

ボーイング絶対に倒産しないっていってる奴リーマンブラザーズの歴史でも見直せ

@pair_glasses ボーイングどうでしょう。安いですが、本当に倒産しそうです。怖くて手が出せません。

1 2