1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

3月20日に100日目を迎える「100日後に死ぬワニ」

2019年12月12日から連載開始した
4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』。
主人公のワニの、ごくごく平凡な日常を描いているが、
大きな特徴は、漫画の枠外に死ぬ日までの
カウントダウンがついていることだ。

ワニ自身はもちろん、ワニの周囲にいる友人も、
差し迫る死について知らないが、読者だけは分かっている。
この斬新な設定がSNSでたちまち話題

100日後に死ぬワニ100日目でワニくんが死亡

『100日後に死ぬワニ』の作者であるきくちゆうきさんの経歴見てると、作者の昔からの友達とワニくんが重なる部分があるなぁと思った。そして今回の事故死。死というものは突然訪れるってのを作者は十二分に知っていたからこそみんなに知って欲しかったんだろうな。 pic.twitter.com/L39ejP21Ve

100日後に死ぬワニ 書籍化や映画化、グッズなどの展開も発表

100日後に死ぬワニ完結後にコラボムービーを公開

【作者に声をかけ】『100日後に死ぬワニ』×いきものがかり、コラボムービーが実現 news.livedoor.com/article/detail… ムービー内で使用されているテーマソング『生きる』はリーダー・水野良樹の書き下ろしとのこと。 pic.twitter.com/iPEpyXb13P

いきものがかりが、
4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』との
コラボムービーを3月20日(金)午後8時2分に公開

この『100日後に死ぬワニ』のテーマに
深く共感したいきものがかりのメンバーが、
対談相手としてきくちゆうきに声を掛けたことが
きっかけとなり、今回のコラボムービーの企画がスタート。
近しい死生観を持つ4人の想いが重なり、
異例の急ピッチで制作が進行され、
作品がラストを迎える3月20日(金)の公開が実現したという

▼一方で電通案件ではないかと指摘が相次ぐ

100日後に死ぬワニといきものがかりの動画 高評価が視聴回数の数倍なんだけど 教授!これはいったい!? #電通 #ステマ案件 pic.twitter.com/Los2fgRREX

▼きくちゆうき氏と、いきものがかりの水野良樹氏が生放送で電通案件を否定

水野良樹氏「変なゴタゴタで、(きくちさんが)伝えなきゃいけないとか、みんなが楽しみたい大事なことが、見えなくなるのは良くないから、ちょっとでもモヤが晴れればいいのかなって」

きくちゆうき氏「(友人の事故を思い出し号泣)電通案件で裏とか、作品見てどう思われてもいいけど変な話が広まって、またそれで色んな人が傷ついてワニに関わってくれた人も多くいるので悲しい」

いきものがかり水野氏(画面左)が『100日後に死ぬワニ』作者きくちゆうき氏(画面右)と配信。運営であるベイシカ(画面外)が関わった時期や経緯を説明 pscp.tv/w/1DXGyeLoZVbGM pic.twitter.com/UxRpuf8kKR

水野さんのライブ見てきました ・電通は大きく関与していない ・批判が辛い ・グッズ展開は早すぎた、と ・やはりネズミくん=きくちさんご本人 ・ワニくん=亡くなった友人様 きくちさんの涙を見てもらい泣きしてしまいました。きくちさんを批判する人はいないと思う #100日後に死ぬワニ pic.twitter.com/nDRzb2V3yW

『100日後に死ぬワニ』の作者である
漫画家・きくちゆうき氏と、いきものがかりの水野良樹が
21日、ツイッターで生配信を実施。
作品の完結直後、書籍化、映画化など
一気にメディアミックスが発表され、広告大手の電通が
関わっているのではとネットで憶測が
広がっていた件について、同社の関与を否定した。

水野は冒頭、「(最終回に描かれた)
桜吹雪の向こうで電通のビルが燃えてる…」と苦笑しつつ、
「仕組まれてると思うのは本意ではない。
ここに(きくち氏に)来てもらったほうが
誤解が解けるかなと思って」と2人で生放送に臨んだ理由を告白。

その上で、「一番大きな誤解は、電通さんは絡んでない。
プロジェクトの仕組みに壮大な企画があって、
何ヶ月も前から巨大組織や色んな人が集まって…、
みたいな、そういうプロジェクトではなかった。
だから電通さんは入ってないです」ときっぱり否定した。

きくち氏も「本当に僕が個人的に始めたことに
色んな人が共感してくれて、仲間もできて、
盛り上げてくれて。僕は感謝しか無いですし。
それだけに悲しい」と心境を語っていた。

1 2