1. まとめトップ
  2. カラダ

この記事は私がまとめました

□あなたは正しい歯磨きが出来ていますか?

頑張って歯磨きをしているが虫歯ができてしまう、歯医者でいつも虫歯を削られ、歯がなくなるのではないかと心配な方も多いのではないでしょうか。

歯磨きの習慣はほとんどの人が持っていると思いますが、正しい方法で磨いている人はほとんどいないというのが実感です。

ほんのちょっとしたことなので、これをキッカケに、ちゃんとした磨き方を覚えましょう。

□歯ブラシは濡らさない方がいい

歯磨きをする際、無意識に歯ブラシを濡らしてしまっていませんか?

歯ブラシを水に付けることで泡立ちがよくなります。これは口いっぱいに歯磨き粉の泡が広がることを意味します。

すると、短時間しか磨いていないのに磨けた気になりがちです。しっかり磨くために乾いた歯ブラシで磨き始めましょう

□歯磨き粉は少なくて良い

歯磨き粉を多くつけると泡立ちが良くなり、口内はスッキリするため、十分に磨けたと勘違いしてしまう人もいます。

適切な量としては、歯ブラシの毛先1/3(小豆大)くらいを目安にすると良いでしょう。

□力を入れずに優しく磨きましょう

歯をごしごし磨くのはよくある間違い。歯に対して毛先を直角に当てて、横に大きく磨くというのは避けるようにします。

歯磨きは強く磨きすぎると、歯の表面を保護しているエナメル質まで傷つけてしまう事があります。

どうしても力が入ってしまう方は毛が多く柔らかい歯ブラシをお勧めします。

□うがいはほどほどに

歯磨きの後に口の中を水でしっかりすすいでしまうと、歯磨き剤に含まれる有効成分まで洗い流されてしまいます。

口の中が少し気持ち悪く感じるかもしれませんが、うがいは1~2回程度で済ますようにしましょう。

□食後直ぐに歯を磨くのは良くないと言われた経験ありませんか?

食後すぐに歯をみがくと、歯の表面が傷ついてしまうので、食後時間をおいてから磨いた方がよいという話を耳にします。

しかし、歯みがきをしないままでいると、歯垢中の細菌によって糖質が分解され酸が産生されて、歯が溶けだす脱灰が始まります。

飲み食いする場合、食後はできるだけ速やかに、歯を磨くようにされることをお勧めします。

1 2