1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

批判ばかりで完全に四面楚歌。「東京五輪」の開催が大ピンチに

世界中から東京オリンピックに対して「NO」という声が出ているようです。

更新日: 2020年03月21日

8 お気に入り 107811 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■東京オリンピック・日本の関係者の間では開催の予定?

東京オリンピックの聖火をギリシャから運んできた特別輸送機が、20日午前9時半すぎ、宮城県の航空自衛隊松島基地に着陸し、聖火が日本に到着しました

安倍首相は、7月24日開幕予定の東京オリンピック・パラリンピックの開催について「人類が新型コロナウイルスに打ち勝つ証として、完全な形で実現することで主要7か国の支持を得た」と語った

小池知事は東京オリンピックの延期について「具体的にどうこうと言う段階ではない」と述べ、安心で安全な大会の実現に向けて今は感染の拡大防止に努める考えを示しました

■この発表を聞き、世界各国からNOの声が。まずは「米水泳連盟」

新型コロナウイルスの影響が懸念される東京オリンピックについて、アメリカの水泳連盟が1年間の延期を求めた

アメリカ水泳連盟は20日、アメリカのオリンピック・パラリンピック委員会に対して、新型コロナウイルスの感染拡大が続くことから、東京オリンピックについて、1年の延期を働きかけるよう書簡で要請

「選手たちは多大な重圧とストレス、不安の中にいる。選手たちの精神状態と体の健康は最も重視されなくてはならない」と状況を説明

■更に「アメリカオリンピック委員会」も

アメリカオリンピック&パラリンピック委員会(アメリカオリンピックいいんかい、英語: United States Olympic & Paralympic Committee、略称: USOPC)はアメリカ合衆国の国内オリンピック委員会のひとつ

主要競技連盟は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的な大流行)をめぐり大会の延期を要求した

米国オリンピック・パラリンピック委員会が2020年東京五輪を1年先の2021年に延期することを提案するように、謹んでお願いする

■そして「イギリス」からも

イギリス陸上競技連盟の会長が20日、選手たちが十分な練習を行える環境にないことなどを理由に、延期するべきだという考えを示しました

世界陸連のセバスチャン・コー会長が、東京オリンピックの秋への延期は可能との考えを示した

「イギリスの感染ピークが5月ごろだと予想されているなら、選考予選も行われない可能性もある」

イギリスの選手からの声です。

■英五輪委はまた「選手を危険にさらさない」という声明も

イギリスのオリンピック委員会(BOA)は19日、今夏開催予定の東京五輪に向けて準備するなかで、選手たちの「健康を危険にさらすことはしない」とする声明を出した

カワード会長はBBCスポーツに、「今のままだと、多大な重圧が生まれている。対処が必要だ」と述べた

イギリスのスポーツ統括団体UKアスレチックスの会長です。

練習施設が閉鎖されたことで、選手たちはストレスを感じている。予定どおり開催できないと決めるべきだ

同じくカワード会長の意見です。

■ノルウェー五輪委は「開催すべきでない」

ノルウェーのオリンピック委員会は、IOC=国際オリンピック委員会に開催を延期するよう求めた

「われわれは、IOCと同様に選手たちの健康と安全を懸念している。新型コロナウイルスの状況が世界的に確実に終息するまで、東京オリンピックは開催するべきではない」

IOCに最終決定に至る過程をより明確にするよう求めた。バッハ会長は開催是非の判断期限を「設定しない」と繰り返している

1 2