1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

kyama77さん

●ネットで話題の日めくり漫画「100日後に死ぬワニ」

主人公のワニの、何気ない日常の生活が描かれながら、漫画の最後に「死まであと○日」と、

・昨年12月12日に自身のSNSに投稿

1日分ずつ毎日ネットにアップされていますが、4コマ漫画の最後には、「死ぬまであと100日」「死ぬまであと99日」と、カウントダウンがされていきます。

「死ぬって教えてあげたい」「切ない」と目が話せなくなった閲覧者が続出。日を追うごとに注目が高まっていき、ツイッターフォロワー数は190万人(3月20日午後3時現在)を突破

●そんな中、最終回(第100話)を迎え、ラストは13コマだった

4コマ漫画『100日後に死ぬワニ』が20日、最終回(第100話)を迎えた。ラストは13コマだった。

きくちゆうき先生が交通事故で亡くなった友人を描き続けていたということに日本中が100日目でようやく辿りつき、ワニを通してきくちゆうき先生の悲しみに触れ、ワニを通して友人さんのご冥福を祈った すごい

時系列がわからない。。。 そして最後に信号の下に超小さくひよこいる?✨誰か詳しく教えて 「100日後に死ぬワニ」 #100日後に死ぬワニ #ワニ #100日目 https://t.co/JSfGSMKHCz

最終回の日に続々とサプライズ発表

●いきものがかりによるコラボムービーがPM8:02に公開!

●さらに「100日後に死ぬワニ」書籍化&映画化発表!

●そんな中、Twitterでは「電通案件」がトレンドに‥

ワニさんが電通案件だったって、その商業行為そのものを批判するつもりは無いが、今までの内容に関する微妙な違和感には、すごく納得がいった。

100日後に死ぬワニ 電通案件だった事がバレてコンテンツとして死亡 100日目に本当に死んでしまった 作品は良かったと思うけど コラボ曲でいきものがかりが出てきてシラけた グッズも大量すぎ 終了後の宣伝が作品にとってあまりにも蛇足 コンテンツを即死させる電通商法の破壊力すごいw #広告代理店

ワニ、ちょー感慨深いよね 電通案件なのも、死後直後の宣伝も、どこまでが商法なのかぽんこつ頭にはさっぱりわからないけれど、常に踊らされている感がとてもおもしろい

ワニが電通案件のステマだったかどうかは、作品自体の評価には関係ないと思うし、楽しめたか否かは自分で判断すれば良いと思う派ですけど、100日目にいろんなことが一気に発表され過ぎて、余韻に浸れる時間が一切なかった。そこがちょっと詰めが甘かったんじゃないかな。現場からは以上です。

「ワニはステマ(ステルスマーケティング)」「怒濤(どとう)のメディア展開されると冷めた目で見てしまう」と、感動から一転して否定的な意見が次々に投稿

●しかし、漫画家・きくち氏といきものがかりの水野氏が生配信で否定

1 2 3