1918年のインフルエンザの流行の時に全米43の都市がどのような公衆衛生的な対策(休校や集会の禁止など)を取ったか評価した研究が、2007年のアメリカ医師会雑誌(JAMA)に掲載された。

この研究の結果、休校のような対応策がより早く実施された都市ほど、またその期間が長かった都市ほど、肺炎およびインフルエンザによる死亡者数が少なかったという結果が得られている。

出典コロナ対策に休校は無意味なのか?医療政策のエビデンスをもとに解説(津川友介) - 個人 - Yahoo!ニュース

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

コロナウイルス対策!安倍政権の英断は間違っていない!学校休校は正しい判断!

学校が急遽休校になったことで、賛否両論がありましたが、日本の新型コロナウイルスの感染数を見れば一目瞭然。安倍政権の行動は間違っていなかったいえるのではないでしょうか。今回は学校休校の効果や、新型コロナウイルス感染者数をまとめてみました。

このまとめを見る