1. まとめトップ

何かが足りない…結果を出すために必要なこととは?

モチベーションは大事ですがそれだけではダメなのはみんな知っています。結果にこだわり過ぎていないのが結果を出す人に多いようです。結果は運によるところも多いからで、其れまでの過程(努力)は自分でコントロールできるからです。そして結果や成功は自分一人ではできないという事実からの謙虚さが大事です。

更新日: 2020年03月23日

1 お気に入り 316 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・小さく勝つ

これは、僕がある会社の社長さんに教えていただいた言葉ですが、その社長さんは、何社も経営する経営者であり、多くの社員から愛されるリーダーでした。

その社長さんに、「小さく勝つことが大事なんだ」と教えていただいたことがあります。

大きく勝とうとするのではなく、小さく勝つ。
大きな一歩ではなくて、小さな一歩を踏み出す。
大きく変えるのではなく、まずは小さな何かを変えてみる。

結果を出す人達は、そういった小さな何かを大事にしていることが多いようです。

・身の回りを整理し、自分を理解する

自分の身の回りを整理することは、自分自信を見つめることと同義です。成功をするためには、まず自分がどんな人間かを見極める必要があります。自分自信の長所、短所を身の回りの情報を元に整理整頓していきましょう。

短所は出来るだけ改善し減らす、長所はより伸ばして活用していけるように考えて行動しましょう。
当たり前のことのように思えますが、これが成功学の第一歩になります。

・落ち着いて冷静に行動する

怒っていたり、予想以外の出来事に驚いていたりといったように、精神的に冷静でない場合というのは、自分自身を上手くコントロールすることが出来ません。何かトラブルがあった場合等も基本的には焦っている場合が多いと考えられます。

しかし、そういう場面こそ焦らず落ち着いて冷静に行動することで容易に対処できるようになります。

具体的には一度頭を真っ白にしてからもう一度情報を整理しなおす。深呼吸をして、精神を落ち着けるなど方法がありますね。むしろ失敗したことを次の成功に繋げると考えることが成功学では重要な考え方でもあります。

・先を読み、考えて行動する

周りの意見や、最近の傾向、流行というのは、過去や現在の成功例です。成功学とは、今後の自分が成功するためのものであるので、過去や現在の成功例というのは絶対に信用できるものではありません。全く役に立たないということはありませんが、過去や現在の成功例が絶対に将来成功するかと考えるとそうでもないのです。

流行にはピークというものがありますので、いざ手がけてみると、流行が丁度いいタイミングで終わってしまっていたなんて事もありえるわけです。
なので今回の成功学では、先を読み、現在の傾向や流行から考えられる将来を考えて行動するということが重要となります。

・人を思いやる

自分の得や利益を追求し続けてしまうと、周りの人間の気持ちを全く理解しないことになってしまいます。そうなってしまっては、成功する以前にその土俵にも立てなくなってしまうことになりかねません。

自分の成功の元には自分の力だけではなく、周りの人の協力があってこそなのだと考え、人を思いやって行動することが大切な成功学の一つです。

・改善を続けてゆく

これは以前にも少しご紹介したことがありましたが、超一流選手が集まるサッカーチーム、「ACミラン」でメディカル・トレーナーを務めた遠藤友則さんという方がいらっしゃいます。

その遠藤さんは、あるインタビューの中でACミランの一流選手達が、不振に陥った時にすることがあると語っています。

それは、何だったか?

ということですが・・・ミランの選手達は不振に陥った時は、むしろ一息ついて、何が問題だったのかを考えるのだそうです。

そして、今までやってきたことに対しての改良を「少しだけ」加えるのだと言います。

結果を出す人、または、結果を出し続ける人は、そんな風にして、自分の中で少しづつ、改善を重ねていっているのかも知れません。

・日々努力すること

努力をしている限り、人というのは無限に成長していきます。英語が完璧になったら、更に新しい言語を勉強出来ますし、一つのことを極めたら、それを応用した別のことを極めるために努力を継続すればいいのです。

完璧になったからといって、また出来ないからといって努力を止めてしまうと、その人の成長はそこでストップしてしまいます。日々努力することを続けていきましょう。

1