1. まとめトップ

女性にかっこつけたいだけ?奢る男性心理

いろいろな理由があるにせよ、最もな理由は相手に好意があ他tり、良いイメージがあるから奢ることが多いです。嫌な人にはお金など出したくないのが心情ですから。そしてそんな相手にはかっこつけたい、見栄、そして下心があるケースが多いようです。

更新日: 2020年03月23日

3 お気に入り 1546 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・かっこつけたい

おごってくれる男性の多くは、「かっこつけたい」という心理からの場合が1番多いです。

男性は見栄を張っていて、「女性に奢っているのカッコイイ」と考え、かっこつけて女性に良く思われたい、カッコイイ男性だと女性に思ってほしいという心理状態です。女性からの印象がよくなり、そして女性との距離を近づけたいというのが最終的な考えです。

ですが、そのように考えている男性は、下心からかっこつけて奢るパターンもあります。

「関係を持ちたいから奢る」と考え、「奢ったんだから、いいでしょ…」などと言って迫ってくる男性は、下心からかっこつけて奢っているのでご注意しましょう。

特に迫っては来ず、好意からのかっこつけておごってくれる男性の場合には、しっかりとお礼を言ったり、次のデートの際には奢り返してあげたりしましょう。

・女性の事が好き

特にかっこつけたい訳ではないが、相手の女性のことが好きな場合に奢る事も多いです。

男性でも女性でも、嫌いな人には奢りたくはないですよね、好きな人にだからこそ奢りたくなるもの。

奢る男性は、「また一緒にデートに行きたい」や「単純に女性の事が好きだから奢る」と考え、今後も一緒にデートに行きたいという心理状態から奢るケースも少なくありません。

その食事の後やデートの後に、次のデートのお誘いがあったりして、相手からの好意が感じられたらこの心理状態が近いものでしょう。

もしその男性を良いと思っているなら、次のデートではあなたが奢り、「この前のお礼です。」などと言っておごり返してあげると良いでしょう。

・マナー

きちんとしている男性は、マナー的な観点から考えおごってくれる男性もいます。

そのような男性は、

・女性が年下の場合は男性が奢る
・男性がデートに誘ったから、誘った方が奢る
・支払いは女性ではなく、男性が支払うべき

などと自分自身の中でしっかりとしたルールを決めており、割り勘などは特に考えていなく、デートの前から全て支払う考えでいます。

女性の事が好きでなくても好きであっても、男性で食事での支払いなどは男性が出すものと考えている人もいます。

体育会系などの上下関係の厳しい環境にいた経験のある男性によく見られます。

・上司や先輩

男性が上司や先輩なら「立場」があるので、女性にお金を出させることはまずないでしょう。

経済的にも多少余裕があるし、例え奢ることに不満を持っていても周りの評価も気になるので奢らざるを得ない、という感じでしょうか。

上司や先輩と2人で食事する機会はあまりないかもしれませんが、2人で食事に行くにしても余程のことがない限り大体昼間です。

もし、夜に誘われることがあったら「下心」を疑いつつも失礼にならないように「同僚にも聞いてみます」と言ってみてもいいでしょう。

・試している

女性がどんな行動にでるかを試しているという場合もあります。

「財布を出して払おうとするのか」「素知らぬ顔をするのか」といったように、会計時に女性の行動を見るために奢ることもあるようです。

自分との価値観を観察するという意味もありますが、ただのいじわる心ということもあります。

もし、男性がその女性を恋愛対象として見ているのなら、付き合ったらどうなるのかを見定めているのかもしれませんね。

・見栄

とにかくかっこつけたい。ちょっと無理をしてでもいいところを見せたいという心理。

女性なら誰にでも見栄を張るというわけではなく、恋愛対象の女性に対してが多いようです。

他にも、年下の女性に対しても見栄を張ることもありますね。

ただ、無理をしているのは確かなので、もしその男性と付き合ってもあとで後悔することになるかも?

・女性同士でケチな男だと悪口を言われないために奢る

男性は自分の立ち位置や、自分がどう思われているかということを女性以上に気にするもの。
「もしこの場で奢らなかったら、あとで女性同士でケチな男だと悪口を言われるかも?」など、「自分が周りからどう思われるか」ということを気にして奢ってくれる場合もあります。

あなたとその男性の関係性が、同じ会社だったり、サークルだったり、バイト仲間だったり、色々なパターンがあるかと思いますが、いずれも「あなたとその男性が同じコミュニティに所属している」場合に多く働く男性心理です。
そのコミュニティ内での自分の立ち位置を良いものであり続けたい、良いものとして確立したいという気持ちから生まれる行動だと言えます。

・感謝されたい

1 2