1. まとめトップ

主要幹線として開業、しかし現在はローカル線。 御殿場線と岩徳線の今昔

栄枯盛衰という言葉がありますが、現在ローカル線となっている鉄道路線でも、以前は本線としての役割のあった路線がありました。今回は、御殿場線と岩徳線を採り上げました。

更新日: 2020年04月01日

1 お気に入り 1454 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

mtmまとめさん

1.御殿場線

御殿場線(ごてんばせん)は、神奈川県小田原市の国府津駅から静岡県御殿場市の御殿場駅を経て静岡県沼津市の沼津駅に至る東海旅客鉄道(JR東海)の鉄道路線(幹線)である。

●御殿場線は、開通当初は東海道線の一部であった!

1889(明治22)年に静岡まで開業した東海道本線は、箱根の山を避けて御殿場経由で建設されたのです。しかし、1934(昭和9)年12月に熱海~函南間の丹那トンネルが開通すると、東海道本線国府津~沼津間のルートは熱海経由に変わりました。これに伴い、御殿場を経由する区間は東海道本線から分離。御殿場線として独立したのです。

JR東海三島研修センターで保存されています。

なお鉄道唱歌の歌詞は、丹那トンネル開通前に発表されたため、国府津駅 - 沼津駅間が現在の御殿場線経由となっている。

第二次世界大戦中の1944年(昭和19年)には、不要不急線に指定されて単線化され、レールなどの資材は回収されて他の路線の建設に転用された。しかし現在もなおトンネルや橋脚などに複線時代の面影が残っている。また、大幹線である東海道本線から一ローカル線の御殿場線に転じたのちも、1992年に発生した東海道線来宮駅構内列車衝突事故の際などには、不通になった東海道本線のバイパスとしての役割を果たし、寝台列車が当路線経由で運行された。

動輪2回転分、12mの線路を設置して動態保存を実現した

山北~御殿場間は25パーミル(1000m進むごとに25mの高低差)の急勾配が連続する、通称「山北越え」の区間。東海道本線時代からの難所で、1943(昭和18)年までは山北駅の構内に峠越えの補助機関車が待機する車庫(山北機関区)がありました。

●では、東海道線時代の山越えはどうだったのか?

箱根の外輪山の北側を迂回する「函嶺越え」の急勾配は輸送上の大きな障害で、その対策は半世紀近くにわたって大きな課題となっていた。当時の蒸気機関車は非力なため、各列車には山越えのための補助機関車(補機)を、下り列車は国府津駅、上り列車は沼津駅で停車して連結、途中御殿場駅で停車して解放した。この補助機関車には、その時代毎に最強力の機関車があてられた。明治時代には、連結器の容量が不足するため、編成の途中に補助機関車を組み込む運用を行い、急行列車に連結していた食堂車は、運転上の負担になるとして国府津駅・沼津駅で編成から切り離していたほどである。

1930年から東京駅 - 神戸駅間で運転を開始した特急「燕」号は、その停車時間を切り詰めるため、国府津駅・沼津駅での補機連結停車はたった30秒、解放は御殿場駅付近を走行中に無停車で行っていた。なお機関車の走行解放は「燕」に限らず、他の特急列車・急行列車・貨物列車でも行っていた。

日本で最初に1750mmの動輪を採用した旅客列車用蒸気機関車で、超特急"燕"を牽引しました。
 沼津機関庫には昭和6~9年まで配置されていました。
大正8(1919)年製造

●御殿場線となった後はどうなったのか?

御殿場線分離後も御殿場駅には軍隊用ホームが設置され、多くの兵士が出征した。沿線の小学校で教師をしていた富原薫はこの光景を見て、童謡『兵隊さんの汽車』を作詞したとされている。この童謡は戦後『汽車ポッポ』と歌詞が改められている。

戦後、小田急電鉄の新松田 - 松田間の連絡線が1955年に開業し、新宿 - 御殿場間直通の準急が気動車で運転開始された。この直通準急には、本格的なものとしては日本初の2基エンジン形気動車(キハ5000形)が用いられた。

1968年には全線で電化が完成し、小田急からの直通準急(1968年に急行化)も電車に置き換えられた。電化と同時に東京 - 御殿場間の急行「ごてんば」が運転を開始し、東京や横浜との都市間輸送が行われたが、1985年に廃止され、同線内の定期優等列車は小田急線直通急行「あさぎり」のみとなった。

急行「東海」と併結運転されていました。登場当初から165系・167系電車が使用されてきましたが、小田急の急行「あさぎり」に対して一度も優位に立ったことがないまま廃止されました。

1991年には「あさぎり」が特急化された上、運転区間も新宿 - 沼津間へと延長され、東京都内や小田急線沿線から伊豆半島西部(西伊豆)への観光輸送ルートとしての役割も期待されるようになった。

行きは「あさぎり」帰りは「こだま」というTVCMが懐かしいですね。

JR東海との共同運行でしたので、JR車との違いが楽しめた列車でした。

2012年3月に実施されたダイヤ改正で「あさぎり」の御殿場 - 沼津間が廃止となり、準急・急行時代と同じく小田急による片乗り入れに戻った。またJR東日本との直通運転が廃止された。2018年3月のダイヤ改正で「あさぎり」は「ふじさん」に改称された

●山北駅は機関区もあった!

1 2 3