1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

意味わからん。コロナ規制中なのに「旅行助成」の方針に色々な声

全世界にてコロナウイルスによる外出規制、入国規制が行われている現状の中、日本政府が打ち出した「旅行助成」の方針にネットからは色々な声が出ています。

更新日: 2020年03月24日

8 お気に入り 33609 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■世界中でコロナウイルスの感染拡大。それによって外出・入国規制などが相次いでいる

新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、トランプ政権は19日、アメリカ国民に対し全ての海外渡航を中止するよう勧告

安倍総理は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため、日本人を含めた全てのアメリカからの入国者に対し、指定した場所で2週間待機することなどを要請

都民に対して4月12日までの3週間、換気の悪い密閉空間、多くの人の密集、近距離での会話が発生する行動を避けるよう要請。ライブハウスやスポーツジムなどの施設利用、イベント開催も自粛するよう呼びかけた

東京都の発表です。

■東京でも感染が拡大している

東京都は23日、いずれも都内に住む男女16人の新型コロナウイルス感染を新たに確認したと発表

このうち5人は症状が出る前にヨーロッパなど海外を訪れ、7人は今のところ感染経路が分からない

■感染者が増加するという試算も

国の専門家で作る対策班の試算では、今後2週間余りで感染者が500人以上増加する可能性があるという

「東京は首都だから地方からも人がたくさん来るので、人が集まるところというのは大きな爆発的感染の種になり得る」

感染者が急増した場合でも医療体制が維持できるように、民間の医療機関にも協力を要請して患者を受け入れる病床を最大で4000床まで整備する

■このような状況の中「政府の緊急対策」が注目されている

政府、与党は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、国の財政支出をリーマン・ショック後の対策の15兆円を上回る金額とし、民間支出も含めた事業規模を30兆円超にする方向で調整に入った

新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急経済対策で、政府が旅行代金の一部助成を検討している

政府が各店舗や宿泊施設などで割引となるクーポンを発行したり、インターネット上のホテルや飲食店などの予約サービスを使って支払いをした際に、一部をポイントで還元したりする案

■これはインバウンドの激減により疲弊している「旅行会社及び観光地」を助けるため

3〜4月の予約状況が前年比で約70%減少となり、毎月1兆5000億円の旅行消費が消失している

日本旅行業協会(JATA)は3月19日(木)、 新型コロナウイルス感染拡大により旅行需要が大幅に落ち込み、会員の経営状況に大きな影響を与えていることから、経営支援策の拡充などを政府に要望

旅行会社に対して雇用調整助成金の助成率を東日本大震災時と同等レベルに引き上げることや、イベント自粛要請の解除などを求めた

■しかし、「旅行の助成」に対しては色々な声が出ている

欧米を中心に世界各国がレストランなどの店舗を閉鎖し、旅行などの移動を制限しているなか、外食や旅行を促す対策をとろうとしている日本

「政府はコロナウィルス感染拡大を防ぐため 旅行の自粛を要請した。と思ったら旅行代の一部を補助する事を検討し始めた」

高齢者に関して「重篤化するリスクが高い」「こうした皆さんの感染予防に取り組む」とは表明はしても、彼らに対して「自粛」は一切求めない

1 2