1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

hitujis2さん

1955年:デビュー
1956年:映画初主演
1964年:『日本侠客伝』
1965年:『網走番外地シリーズ』
1975年:『新幹線大爆破』
1976年:『君よ憤怒の河を渉れ』
1977年:『八甲田山』
1977年:『幸福の黄色いハンカチ』
1978年:『野性の証明』
1980年:『動乱』
1980年:『遙かなる山の呼び声』
1981年:『駅 STATION』
1982年:『海峡』
1983年:『南極物語』
1994年:『四十七人の刺客』
1998年:紫綬褒章
1999年:『鉄道員(ぽっぽや)』
2006年:文化功労者
2012年:『あなたへ』
2013年:文化勲章

年齢に関係なく、人は様々なことにチャレンジすべきである。
人間は、自分がやりたいことを直感で察知する力がある。
ならば、今、気になっていることは、今始めないともったいない。
それが、もし「自分がここで死ぬんだ」というほどのものでなければ、途中で辞めるのもいい。
ただし、挑戦した後にだ。

勉強やスポーツに励み、自分の将来の選択肢を狭めずに、それを成した。
自らの可能性を広げ、様々なことに挑戦し、成功を掴んでなお、死に場所を求めるほど貪欲だった。

多数の出演作、CM、トーク番組などの仕事において、やることの意味を自問自答したことが少なからずあったのだろう。
短い人間の一生のなかで、重要なのは結果でも数でもなく、濃度である。
自分の人生を濃いものにできるのは、時に「NO」と言える勇気がある自分だけなのだ。

高倉健の人気を不動のものにしたのは、70年安保の時代。
大好きな酒を断じ、アクション俳優としての地位を確個たるものとするため、体を鍛え上げた。
姿勢が良く、余計なことを喋らない寡黙な佇まいは、言いようもない迫力があった。
役どころも、理不尽な状況に耐え抜き、自らの悲願を達成する、侍のようなキャラクターが多く、混乱と反乱の時代、男性ファンの心を鷲掴みにした。

人は、忍耐強く、信念の強い人間に憧れる。また、そういった人物を尊敬する。
しかし、現代では、我慢をすることを忘れ、言い訳ばかりが登場する。

こういう時代なのだから、忍耐強い人間が際立つ。また、叩いてでも鍛えようと思ってもらえるなら、本望ではないか。

しかし、それでは心の豊かさは得られない。
拍手をする側、褒める余裕を持っ。こうすることで、もっと、豊かな心が得られる。

他人のせいでも、自分が勝手に誤解していただけだとしても、誰かに裏切られたとき、人はそれを認めたくない気持ちや、絶望感でいっぱいになる。
しかし、そういうときこそ、忍耐が試される。裏切りのショックを乗り越えた時、人は本当の輝きを手に入れるのだろう。

世の中には数多くの面白いものがあるが、人間そのものの面白さには敵わない。

どれほどの人が、自分に対して確固たる自信を持って、自分というものを確立し、崩さずに生きていけるだろうか。
八方美人の生き方は楽かもしれないが、己を貫いて生きる人生にこそ価値や深みがあるのではないか。

高倉健が出演した映画ランキング30

1位

日本アカデミー賞(1981年・最優秀脚本賞)
 北海道を舞台に、誤って人を殺して警察に追われる男と、牧場を経営する母子の出会いと別れを描いた人情ドラマ。

2位

1 2