1992年1月発売。 当時の日本国内では、1991年6月に発売された日産・バネットセレナが人気を博していた。当時で言う本家のエスティマは、先述の通り同車の対抗馬とするにはあまりにも大きすぎたため、全幅を狭めて5ナンバーサイズ枠に縮小(ただし、ガソリン車は排気量が2,400ccのため3ナンバー登録となる)し、また、差別化のためフロントグリルやテールランプ、内装も、本家とは若干違うデザインのものを採用した上で発売した。雑誌などでエスティマの幅を縮めたエミーナ、ルシーダと表現されているが、元々エスティマ開発当初から5ナンバー版のナローモデルは用意されていた。

出典トヨタ・エスティマエミーナ - Wikipedia

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

TOYOTAの天才タマゴ「エスティマエミーナ(RG型)」

トヨタ店で販売され「子エスティマ」とも呼ばれたトヨタの「エスティマエミーナ(RG型)」を紹介します!

このまとめを見る