そもそもイタリア北部では1990年代以降、中国人の移民が急増していた。運悪く年末から、1月下旬に始まる中国の旧正月である春節休みの時期に、中国系の移民が中国とイタリアとを行き来し、感染の引き金を引いたという説が有力視されている。

出典コロナで絶体絶命のイタリアと違い、日本で死者激増の可能性は低い理由 | ORICON NEWS

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【新型コロナウイルス】欧米が注視する日本と外国の違い

感染拡大が懸念される #新型コロナウイルス で現在のところ感染者数が少ない日本に欧米が注視しているようです。単なる検査数不足なのか、大健闘なのか…イタリアやフランスとの違いが紹介されていました。

このまとめを見る