世界中で猛威を振るう新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染を予防する対策として、世界保健機関(WHO)が「手洗い」を強く推奨するなど、人々はかつてないほどのレベルでこまめな手洗いを実践しています。しかし、今では当然の「手洗い」も、19世紀半ばまでは医療現場ですら実践されていなかったという驚きの歴史を、イギリスの大手紙・The Guardianがまとめています。

出典手洗い 19世紀後半に広がった (GIGAZINE) - auヘッドライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【新型コロナウイルス】欧米が注視する日本と外国の違い

感染拡大が懸念される #新型コロナウイルス で現在のところ感染者数が少ない日本に欧米が注視しているようです。単なる検査数不足なのか、大健闘なのか…イタリアやフランスとの違いが紹介されていました。

このまとめを見る