イグナーツは第一産科の医師に対して「解剖室から出て患者を処置するまでの間に、次亜塩素酸カルシウムを使って手と器具を洗う」というルールを設けました。実験前には第一産科における産婦の死亡率は18%でしたが、イグナーツが解剖室から分娩室に向かう途中で手指を消毒するよう義務づけたところ、死亡率は1%にまで低下したそうです。

出典手洗い 19世紀後半に広がった (GIGAZINE) - auヘッドライン

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【新型コロナウイルス】欧米が注視する日本と外国の違い

感染拡大が懸念される #新型コロナウイルス で現在のところ感染者数が少ない日本に欧米が注視しているようです。単なる検査数不足なのか、大健闘なのか…イタリアやフランスとの違いが紹介されていました。

このまとめを見る