1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

大企業で始まっている働き方改革が

残業時間に上限ができ、年5日の有給取得、非正規雇用労働者の待遇改善などがこれまでと変わる部分です。

また、残業割増賃金のアップや勤務間インターバル制度の導入なども、改正法の施行によって変わります。

具体的には…

今回の法改正では、労働時間や休日に関する原則は変わらないものの、「罰則付きの上限」が法律によって規定され、時間外労働の上限は、「原則月45時間・年間360時間」と定められた。

さらに、臨時的に特別な事情がある場でも、年720時間以内の時間外労働など、それ以上上回ることのできない上限が設けられている。

また、近年問題になっていた…

2020年4月から中小企業に対して時間外労働の上限規制が施行され、違法残業予防は中小企業の急務となっています。

請求できる期間が延長される

政府は未払い残業代などを含む賃金請求権の消滅時効が現行の2年から原則5年、当分の間は3年に延長する労働基準法改正案を今国会に提出。今年(2020年)4月に施行される見通しとなった。

「経営問題に発展する中小企業が出てくるかもしれない」。転職増加などを背景に広がる、未払いの残業代の請求。4月の改正民法施行で、さらにトラブルが急増する恐れがあります。 trib.al/m8nZS1S

さらに、目玉なのが…

「2020年4月から『同一労働同一賃金』が導入されることを知っているか」と尋ねる調査が行われたところ、全体的な認知率は69.9%

現状をみてみると…

実施を目前に控えて、帝国データバンクが産業界の対応状況を調べたところ、約6割の企業が準備を進めていることがわかった。

1 2