1. まとめトップ

関わるとストレスでしかないだけに…鬱陶しい人への対処法

ストレスでしかないのが鬱陶しい人たちに対する正直な気持でしょう。イライラさせ、ウンザリもさせられるわけですから当然です。当の本人はそんなこと気にせず?構っていないのがイタイところですから、こちらが対処する術を知っていないと嫌な目に遭うのです。

更新日: 2020年03月26日

2 お気に入り 673 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

・できるだけ関わらないようにする

鬱陶しい人に関わっているのは、正直ストレスでしかないですよね。
自分が一緒にいてどう考えても「ストレスだわ」と感じるのであれば、無理に関わる必要はありません。

できるだけ関わらないようにするのがベストです!

同じ職場となると、一切関わらないというわけにもいかないと思いますが、仕事に関する必要最低限のことだけでいいのです。

職場は友達をつくる場所ではありませんから、プライベートな話をする必要もなければ無理にプライベートで付き合っていく必要はありません。

食事に誘われても断ってOK!

無理のない関わりかたをしていくのが望ましいでしょう。

・相手の悪口・陰口を言わない

鬱陶しい人の中には、自分のことに敏感な人がいるので、鬱陶しい人に対しての陰口や悪口は言わないようにしてください。

悪口や陰口は、知らないあいだに本人の耳に入るものです。

本人が気づいてしまったら、

「どうしてそんなこと言うの?」
「私なにか悪いことした?」
「何か嫌なところがあるのなら治す」

と縋ってくる場合もあれば…

「人の悪口を言う人だったんだね」
「陰口でしか反抗できないなんて最低」

と逆に悪者として噂を広めようとする場合もあるので気をつけましょう。

イライラすることがたくさんあると思いますが、あなたが悪者にされる可能性もあるので、
ポロっと本音が出ないように気をつけてくださいね。

・笑顔でかわしておく

鬱陶しい人は基本的に構ってちゃんが多いので、
ニコニコと笑顔で対応しておけば、面倒なことになることは避けられます。

話を聞いて欲しいだけのタイプ
ひとりの時間を埋めて欲しいタイプ

などが基本なので、笑顔で対応していれば、それだけで相手は満たされます。


逆に、真顔で対応していると「もしかして面倒くさい?」と、
鬱陶しい人特有のネガティブが発動されるので、

「私の話つまらない?」
「もしかして面倒くさい?」

と返答に困ることを聞かれてしまいます。

正直に言えない!という人は、笑顔でそれとなく対応することを心がけるといいでしょう。

・「そうですねぇ〜」的な感じで空返事する

「鬱陶しい人との会話は面倒くさい」
「別に関係がギクシャクしてもいい」

と感じている人は、適当に相槌を打ちながら「そうですねぇ」と返して問題ないでしょう。

ギクシャクしてもいいと思っているのなら、
相手に「どうしてそんなに適当なの?」と言われても
素直に思っていることを言えるはずです。

適当に相槌して、相手に気づいてもらって、
それを機に鬱陶しい相手との関係を見直すもありでしょう。

そこまで真剣に話を聞いているわけでもないので、
面倒くさいとも感じないですし、疲れることも少ないです。

鬱陶しい人と関わることで、疲れを感じ始めている人は、
関係を改めるためにも、適当に相槌してみてはいかがでしょうか。

・何を言われても軽く受け流す

「できるだけ関わらない」とは言っても、休憩時間などに話しかけられたりしたときに無視をするわけにもいきませんよね。

職場では、何を言われても「軽く受け流す」これでOK!

無理に相槌を売って上手い返しをしなきゃ、会話を盛り上げなきゃ…なんて思う必要ないのです。
鬱陶しい人の言うことなんで、どうせ鬱陶しいので、「そうなんですか〜」「へぇ〜…」などとい適当に相槌をうって軽く流してしまいましょう。

・話の主導権を握らせないようにする

鬱陶しい人は、話の主導権を握りったがる人が多いです。
すぐに会話の流れをぶったぎって、自慢話や武勇伝を語ってくる…ほんとうに鬱陶しいですよね。

「鬱陶しい人だ」とはじめから分かっているなら、話の主導権を握らせないほうが良いです。
ここで鬱陶しい人に主導権を握らせてしまうと、だらだらと余計な話をされてストレスに…!

話の主導権を持っていかれないように、「○○くんのときどうだったの?」など、鬱陶しくない人に先に話のパスを出しておくと、主導権を握られなくて済みます。

何人かと会話をしているなら、協力してうまいことパスを上手く回し続けてください。
次第に鬱陶しい人も諦めるはずです。

・話が長いと感じたら、適当に相槌を打って聞き流す

鬱陶しい(うざい)対しては、しっかりと返答をしてあげる必要はありません。聞き耳をもってしまうと、うざい人は良い気分になって話が止まらなくなってしまうからです。

そんな時は適当に相槌をうち、時には携帯をいじり始めてしまっても構いません。携帯をいじっている姿を見て、話を聞いてもらえないことに不満を感じ、次第に話を振ってこなくなります

・他の人に鬱陶しい人の対処をお願いする

会社などに鬱陶しい人がいる場合は、ほかの人に任せるという手段もあります。

毎回鬱陶しい人を相手にしていると疲れてしまうでしょう。

イライラも溜まって、仕事に影響が出てしまうこともあると思うので、近くに他の人がいて、対応を代わってもらえそうなら、

「私ちょっとお手洗いに行ってくるね」

などの断り文句をつけて、

「続きは○○さんに話しておいてもらえない?」

と別の人に任せてください。

1 2