検疫所長は、検疫感染症につき、前条に規定する者に対する診察及び船舶等に対する病原体の有無に関する検査を行い、又は検疫官をしてこれを行わせることができる。
2 検疫所長は、前項の検査について必要があると認めるときは、死体の解剖を行い、又は検疫官をしてこれを行わせることができる。この場合において、その死因を明らかにするため解剖を行う必要があり、かつ、その遺族の所在が不明であるか、又は遺族が遠隔の地に居住する等の理由により遺族の諾否が判明するのを待つていてはその解剖の目的がほとんど達せられないことが明らかであるときは、遺族の承諾を受けることを要しない。(陸揚等の指示)

出典e-Gov法令検索

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

「名前や学校を教えろ」 休校中に海外旅行感染した10代へ脅迫『新型コロナ』

Twitterで話題 スペイン COVID-19 新型コロナウイルス 陽性 検疫法13条 違反じゃない 成田空港 犯罪 事件事故 コロナばらまき 検疫 沖縄 家族特定 恫喝 やりすぎ 逃げる 住所特定 法律 逮捕 少年法 いじめ 中学校 小学校 高校生 学校 子育て

このまとめを見る