1. まとめトップ
  2. レシピ

外出自粛でもOK…ツイ民おすすめ「料理ハック」で最高の時短ご飯!

新型コロナウィルスの影響で外出を自粛せざるを得ない事態に…そんなときこそ思い出して!Twitterで話題の時短テクはリピ確実ですよ。一人でも多くの人に伝えたくてまとめてみました!!

更新日: 2020年03月26日

111 お気に入り 66033 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

いつまで続くのかわからない…コロナウイルスの影響が止まらない。少しでも楽になるように料理ハックを覚えときましょう。

critical_phyさん

▶もはや定番…「水漬けパスタ」を試さない手はない!

生パスタと聞くと、家ではなく外で食べるという、ちょっぴりハイソなイメージを持っている人も多いのでは? しかし「生パスタっぽいパスタ」であれば、家で超簡単に作れるらしい。

パスタがまっすぐ入るタッパーを使ってもいいですが、面倒なので、フライパンに直接入れます。水に漬ける時間は、1時間~半日程度。冷蔵庫に入れて一晩たったものを使ったこともありますが、仕上がりは変わらない食感。

出典https://tabizine.jp/2016/06/15/81260/

1〜2分に一緒に加熱すると、パスタの色が白っぽい色から見慣れた透き通った色に替わります。すべてのパスタの色が変わればもちもちの食感が美味しいパスタ出来上がりです。

本日のお昼ご飯。 残り物のアクアパッツァでパスタ。 水漬けパスタだとあっという間に完成。うまー pic.twitter.com/n8udUOqL3P

初めてナポリタンを作ってみた。水漬けパスタを用意しておけば調理時間も短くて楽ですな。初めての割に、普通に美味しい。#今日は麺の日ふっふー pic.twitter.com/8hqVOGjZpg

【カルボナーラ】 ニンニクと玉ねぎ、ベーコン炒めて、 小松菜投入して塩胡椒 最後に 卵+生クリーム+粉チーズ+コンソメ と和えたら完成‼️ パスタはあらかじめ水につけておくと モチモチ生パスタ食感✨ #男の料理 #ランチ #料理好きな人と繋がりたい pic.twitter.com/6yPXUeakDY

▶焼くだけで激ウマです…お肉の「下味冷凍」はガチで使える!

お肉にタレなどを絡めて冷凍しておく「下味冷凍」。節約や時短・簡便ニーズなどを受けて、先日発表されたCookpadの「2019年食トレンド」で大賞に輝きました。

肉に下味をつけ、うすーくのばして冷凍するだけ。使うときは凍ったまま野菜といっしょに加熱すれば、あっという間に絶品おかずが完成します。

下味冷凍の鍵とも言えるのが、冷凍保存できるジップ付きの保存袋。このなかにすべての材料を入れて、袋の上からモミモミ。あとは袋に素材名を記入して、冷凍庫に入れるだけで完成である。

鶏胸肉が半額になってて大量に買ってきたので下味冷凍 タッカルビ 玉ねぎソースソテー はちみつ味噌 白菜うま煮 pic.twitter.com/5BNLcEtrZz

下味冷凍に挑戦。牛肉が安かったので焼き肉味に。下味冷凍が習慣になれば、もっと食事作りが楽になると期待。 pic.twitter.com/iDkSr63R8A

お昼は豚ロースの味噌漬け! 下味冷凍万能(๑⃙⃘♥‿♥๑⃙⃘)めちゃうま! pic.twitter.com/MWalTMuFvf

▶見切り品が悪魔の味わいへ…刺身は「○○」に漬けるべし!

醤油とみりん、日本酒を用意する。醤油2:みりん1:日本酒:1の割合の調味液を作り、余った刺身をタッパーやジップロックに入れて調味液へ刺身が漬かる分量注ぐだけ。本当に基本中の基本のヅケの作り方だが、それで十分ウマいので問題無い。

そのままで食べてもおいしいけど、脂の乗った、サーモンや白っぽいマグロはごまをパラパラ振って、油の少ない赤身なんかは、ごま油を振ると2度おいしい。サーモンとか、大量の粗く砕いたブラックペッパー振って漬け込むと洋食の味になる。

胡麻をプラスすればぐっとまろやかになるし、柚子胡椒でピリリと辛味を効かせるのもおすすめ。ゆずの皮を刻んで入れても、香りがよく美味しい。

皆さんこんにちは☀️ スーパーで買った鮭の刺身が少し生臭かったので、漬け丼にしてみました。 醤油をベースに、麺つゆ、みりん、ニンニク、ゴマ、大葉でタレを作ってます。 醤油だけでなく麺つゆを入れることで、甘味が出てマイルドに仕上がります。 タコも漬けると意外に美味しいんですよw pic.twitter.com/KZpmY2W8g5

ああ、長年の夢を叶えて見せるよ 醤油漬けにしたまだ切ってない刺身丸かじりの夢をな...! pic.twitter.com/UNdKM3zLDu

サーモンのめんつゆごま油漬けとサーモンの塩麹&自家製刺身醤油漬け pic.twitter.com/WuNOND5B8D

▶捨てないで…「野菜くず」が黄金のスープに変化!

いろいろな野菜を料理に作ったとき、皮や芯など捨てる部分ってありますよね。じつは、この野菜くずから栄養たっぷりのだしが取れるんですよ!ベジブロスとは、英語で”野菜”という意味の「ベジタブル」と、”だし”という意味の「ブロス」からきています。

野菜の皮や茎・根などには、ミネラルやフィトケミカルなどの抗酸化作用がある栄養がたくさん含まれています。野菜を直接食べてもなかなか消化しにくい栄養素が、煮だすことで溶けだし吸収しやすくなるので、ベジブロスは美肌やアンチエイジングにも効果的!

ひたすらお鍋でコトコト煮込みます。一度沸騰させてから、弱火で30分~1時間くらい煮込むと、野菜の栄養成分がよく溶けだし、栄養たっぷりのベジブロスが出来上がります。

畑で雑草化している野菜と冷凍保存してたクズ野菜でベジブロスを仕込みました。 クズ野菜を冷凍保存しておくといざというときに使いやすいうえ、冷凍することで細胞壁が壊れて出汁がでやすくなるから一石二鳥。 料理中にでてくるクズ野菜も捨てずにとっておけば、スープストックの立派な食材です。 pic.twitter.com/t0sUIUXsGF

1 2