1. まとめトップ

どうなる!?日本と世界のロックダウン(都市閉鎖)

小池都知事の記者会見で注目を浴びた「ロックダウン」という言葉。世界ではすでに行われている国や地域がありますが、日本ではあまり聞き慣れないと思います。本記事ではロックダウンの意味や、実際の世界の事例、東京都で起きた場合などを解説しているので参考してください。

更新日: 2020年03月28日

1 お気に入り 819 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

小池都知事の記者会見で注目を浴びた「ロックダウン」という言葉。世界ではすでに行われている国や地域がありますが、日本ではあまり聞き慣れないと思います。本記事ではロックダウンの意味や、実際の世界の事例、東京都で起きた場合などを解説しているので参考してください。

frontiergさん

ロックダウンとは?

ロックダウンとは、英語の「lockdown」からきている言葉で、今回の新型コロナウイルスの場合は「都市封鎖」という意味合いで使われています。具体的な内容としては、「対象エリアの住民の活動を制限する」などが挙げられ、外出禁止などが代表例です。

菅官房長官の会見

新型コロナウイルス感染症などについて、26日午前の菅義偉官房長官の記者会見で質疑があった。菅氏は、東京都の小池百合子知事が言及した「ロックダウン」の定義を問われ、政府専門家会議の見解を基に「数週間、都市を封鎖したり、強制的な外出禁止や生活必需品以外の店舗閉鎖などを行ったりする措置」と説明した。

世界のロックタウンの状況

ペルー:陸海空の国境封鎖措置

アメリカ:全事業者に対して自宅待機、生活に必要なこと以外自宅待機、外食はテイクアウト・配達のみ。など

チリ:夜間の外出禁止

イギリス:生活に必要な事業以外自宅待機

ギリシャ:必要最低限以外外出禁止

ブラジル:生活に欠かせないサービス以外閉鎖

エジプト:夜間公道の利用禁止

インド:交通機関停止

コロンビア:国内全土で強制自宅待機措置

タイ:高齢者・子供外出禁止

南アフリカ共和国:病院や食料調達以外は外出禁止

旅行の禁止と制限で、世界中の多くの空港、鉄道、道路は空っぽになった。
アメリカでは、トランプ大統領が3月初め、アメリカ市民以外のヨーロッパからの入国を30日間停止することを発表した。
イタリアとフランスは全国的な封鎖を行っていて、市民は家にとどまり、すべての重要でない外出を避けるように指示されている。
コロナウイルス発祥の地である中国は、最初にロックダウンした国で、現在は徐々に制限を緩和している。中国での極端な移動の禁止は、大気汚染の大幅な軽減をもたらした。
世界中の交通機関のハブは、終末論的な映画の一場面のようになり始めている。 いつもはにぎやかな場所も旅行者がおらず、不気味な光景だ。

世界人口のうち20%以上が対象になっている

先週来、何らかの形で都市封鎖を実施する国が世界中で増えており、25日までに、約77億人の世界総人口のうち、少なくとも20%が封鎖状態に置かれたと推計される。25日には、ニュージーランドも全土での4週間のロックダウンに入り、南アフリカも26日から21日間、封鎖措置を取る。

もし東京でロックダウンが起きたら?

【ロックダウンによる海外の事例】

外出制限
生活必需品の販売店舗以外営業停止
出社禁止  など
上記事例のように、ロックダウン下のエリアでは、行動が大きく制限される傾向にあります。東京都でロックダウンが行われた場合も、同様のケースになる可能性が高いです。

ロックダウンに備えて

SNSの声

ロックダウンなら3週間って、その間、日本経済は耐えられるのかな。

もう時間の問題かもしれないロックダウン。
マスクやトイレットペーパー不足が記憶に新しいですが、次も食料品や生活必需品の不足が予測されます。
早めに対応したいです。

1