1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

見逃してない!?4月発売のおすすめ「洋画」DVD

話題となった「洋画」映画のDVD・BDが2020年4月に発売。『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』、『バッドボーイズ フォー・ライフ』、『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』、『モダンライフ・イズ・ラビッシュ』、『マイ・ビューティフル・デイズ』、『ヒンディー・ミディアム』。

更新日: 2020年04月01日

6 お気に入り 4815 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

◆『スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け』

『~エピソード4/新たなる希望』の公開から42年。スカイウォーカー家の家族愛と喪失の物語を描くシリーズ完結編。スカイウォーカー家のひとりでもあるカイロ・レンとルーク・スカイウォーカーの意志を引き継ぐレイが運命に立ち向かう。

スターウォーズ スカイウォーカーの夜明けを鑑賞しました✨ 戦闘シーンが多くってすごく楽しかった 後半は感動しました 新3部作の中で 1番面白かったです pic.twitter.com/lCJC5zXvVf

『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』鑑賞♪ 〝家族〟と〝希望〟の物語を見事にまとめた完結編 SWらしいワクワクの冒険劇、迫力のアクション、ファンを楽しませる新旧キャラの登場と活躍に大興奮光と闇、レイとカイロ・レンの葛藤は必見‼️ ラストは感動 フォースと共にあらんことを。 pic.twitter.com/OJq0JCkSTE

本日は娘と映画「スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け」鑑賞。 観た方に聞くと賛否両論ですが、凄く良かった。 この幕引きに、ちょっと泣きそうでした。 最初の作品は小学生の頃、親と一緒に連れて行ってもらい、最後の作品は自分の娘と。 May the Force be with you. #スターウォーズ pic.twitter.com/ETTntYyp5Y

◆『バッドボーイズ フォー・ライフ』

独身生活を謳歌する敏腕ベテラン刑事のマイク。家庭優先、仕事はイマイチだが、最高の相棒マーカス。マイアミ市警の名物コンビ《バッドボーイズ》の2人だったが、マーカスは家族のことを想い引退を決意する。そんな中、マイクは新チームへの配属を命じられ。

本日2作品バッドボーイズ フォー・ライフ鑑賞 この2人のラップのような軽快なやりとりは健在そして撃って撃って撃ちまくる pic.twitter.com/idhpRT2wcP

バッドボーイズ フォー・ライフ、鑑賞しました。 シリーズ久々の続編ながら、今後のシリーズ展開にもしっかり道標を残しただけでなく、前2作を手掛けたマイケル・ベイから闘魂継承したアディル・エル・アルビ&ビラル・ファラーの監督コンビの持ち味も思う存分発揮された、全米大ヒットも納得の快作。

『バッドボーイズ フォー・ライフ』を鑑賞。現代米、ベテランとなったバッドボーイズが疲れた体にムチ打ち自分たちを狙う敵と戦う刑事アクション。17年ぶりの第3弾。脚本の工夫がなかなか。Bな内容をA級の豪華さで。展開速度も速め。制限の使い方が巧み。3なのにフォーなおっさんほいほいの参作。

◆『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』

SNSと共に生きる“ジェネレーションZ”の成長や恋愛、青春をリアルに描いたドラマ。中学校生活最後の1週間を迎えたケイラは、「学年で最も無口な子」に選ばれてしまう。卒業を前に、何とか自分を変えようとクラスメートたちに近付こうとするが…。

『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』鑑賞。中学校生活の最後の一週間を描いたボー・バーナム監督作品。青春映画オールタイム・ベストの一本。主人公のケイラは私なんだと、『七人の侍』の菊千代ばりに心の中で叫んでしまった。過去の自分からのビデオレターほど残酷なものはないと痛感。 pic.twitter.com/CwzqSQ1zJw

『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』鑑賞。SNS世代の青春ムービー。パパ全然ウザくないじゃん… めちゃいいパパ。もう大人だから親目線で観てパパの言葉で泣いてしまった pic.twitter.com/RaqpBylAmE

「エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ」鑑賞。 年間ベストの1本に決まるほどの大傑作。 8年生。日本だと中学2年生。そんな一番繊細な年頃を思い出し、自分も僅かながらこんな時があったと胸が苦しくなった。 自分に子供が出来て、これくらいの年頃になったら絶対に見せてあげたい。 pic.twitter.com/oTlsMY9MiL

◆『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』

イギリスのロックバンド、ブラーのアルバムタイトルを冠した青春ドラマ。90年代のブリットポップ全盛期を背景に、音楽を通じて知り合った男女の出会いと恋を、当時の空気感をとらえつつ、いきいきと描く。

ヒューマントラスト渋谷で『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリスト』を鑑賞。音楽好きの二人の最初の恋模様は、楽しそうで微笑ましい。最強の二人だな。彼女を思って作ってる曲はよかったなー。いい映画だった。 coco.to/movie/85733

モダンライフ・イズ・ラビッシュ ロンドンの泣き虫ギタリストを鑑賞。 ロック好きのアラフォーには堪らん映画。恋愛映画やけど、ちょうど音楽の楽しみ方をCDからiPodに変わる時期を経験した者にはそれらも色々沁みる。 そしてダメな主人公がまるで俺やないか!見終わったら泣いてしまった pic.twitter.com/fFHW4wU6ix

映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』鑑賞。これはもうまさに自分みたいな音楽好きが観るべき映画で、更にUKロック周辺の知識が多少ある方がより楽しめる。タイトルもBlurの2ndアルバムと同じ。劇中で使われてる曲もまたセンスの良さを感じる選曲で、胸熱だった。

◆『マイ・ビューティフル・デイズ』

『君の名前で僕を呼んで』のティモシー・シャラメ主演、『ラ・ラ・ランド』のプロデューサー、ジョーダン・ホロウィッツが手掛けるラブストーリー。人づき合いが苦手な高校生・ビリーは、英語教師・スティーヴンスに不器用な思いをぶつけるが…。

『マイ・ビューティフル・デイズ』鑑賞。 演劇大会に参加する生徒3名を引率する若い教師(L.レーブ)と彼女に近付きたい生徒(T.シャラメ)の心の触れ合いと葛藤を描いた淡々とした3日間。 未完成の自分がもどかしく、でもキラめいていたあの頃を懐かしく思うと同時に二度と戻れない事に少し切なくなる。 pic.twitter.com/ccwGMtOjSd

「マイ・ビューティフル・デイズ」鑑賞❣️教師と生徒の週末という人生の本当に一瞬だけを切り取った作品。何か特別な事件が起きたわけではないけれども、確実に彼らはこの週末で何かが変わったんだろうな〜と思わせてくれる役者陣の演技力が圧巻でした→ #マイ・ビューティフル・デイズ pic.twitter.com/tK0SxS5xnS

『マイ・ビューティフル・デイズ』鑑賞。 自分の周辺ではみんなの大好きティモシー・シャラメ。 劇中でも役者の役だけど、演技のオンとオフをほんと描き分けてて末恐ろしや。 作品はタイトルに偽りなしの甘酸っぱくも愛情に溢れたホッコーリするデイズ。良作。 pic.twitter.com/O1ccxPQ5mZ

1 2