1. まとめトップ

こんな時だからこそ本を読もう!読書することのメリット7選

全国的に外出自粛が続く我が日本。これをマイナスに捉えずに、自分を成長させる「有効な時間」に変えていきましょう。こんなポジティブになれるのも「読書」のおかげなのです。

更新日: 2020年03月29日

1 お気に入り 1890 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syunoguriさん

世界の著名人が「読書の力」を信じている

読書の素晴らしさは世界の大富豪たちが口にしています イーロンマスクは本を読んでロケットの模型を完成させました(しかも部品はオリジナル) ビルゲイツは1年に本を50冊読み、内容を全て覚える為に余白にメモを取ります 成功者たちがそうしてるんです 私たちがやらない道理はないですよね

共通しているのは、明確な目的のために本を読んでいること。

2週間に1冊、異なる内容の本を読むのが目標とのこと⇒ザッカーバーグ氏、今年の抱負は「読書を増やす」こと on.wsj.com/1Ao1cBk pic.twitter.com/9AMlD7lqv6

▽読書する事のメリット

1.本当の意味での「語彙力」が身につく

明治大学文学部教授・齋藤孝氏は、ボキャブラリーの量によって生涯年収が左右される可能性さえあると指摘しています。

誰でも分かるように簡単な言葉しか使われないテレビなどのメディアに比べると、本では知らない言葉に出会いやすく、認知語彙を得られる機会が増えます。

ここで勘違いしてほしくないのは「単純に多くの言葉を暗記しているかどうか」ではないということです。

語彙力とは「多くの単語の意味と使い方を理解している」と言うのが正確で、それが身につくのが読書です。

確かにそれは本ならではの様な気がします。

成功者達が口を揃えて言う『本を読め!』は、実は知識を脳に詰め込むメリット以外にも語彙力/創造力/論理的思考力/が身に付くからなんだよね。特に語彙力は現代社会では強力な武器になる。また何より『1冊頑張って読もうとする姿勢(努力)が培われる』のが強い。まあ僕は漫画の方が好きだけど。

何でも調べられる時代になり、それに頼る人が増えているからこそ、語彙力がある人は特別になれます。

2.ストレス解消になる

ストレスでイライラするよりも、読書をすることのワクワク感の方が高まってくるので、ストレスが気にならなくなります。

【頭がいい人の読書術】 によると、ストレスの軽減度合いは、音楽鑑賞が61%、散歩が42%、ゲームが21%、読書が68%だそう。 (イギリスのサセックス大学の研究) 雨の日の読書、最高☔ pic.twitter.com/DD9305voq6

68パーセント。。。バカにできません。

3.共感力が高まる

読書をすることで、自分が知らない世界を知ることができます。

そうすることで、自分の友達や周りの人の生き方や、行動の仕方に妙に納得感が生まれてくることがあります。

特に小説を読むと想像力が鍛えられるので、相手に共感する力も育まれる……という図式になるわけですね。

他人の感情を読む力はコミュニケーションに直結する力なので、読書するメリットの一つとしてカウントして然るべきなわけですね。

文学によって磨かれる“共感力”は、そのまま“稼ぐ力”と直結します。世の中のビジネスというものは全て人が心から求めるものを満たすことで成り立つからです。世界の名だたる企業の経営者の多くが読書家で独自の哲学を語れる教養を身につけていることもそれを証明しています。(投資家 藤野英人)

全ては想像力に直結します。

すぐ頭に血が上りキレてしまう人はなぜそうなってしまうか知っているでしょうか?

その心理は結構単純で、相手に自分の意思を伝える言葉を持ってないからです。

4.お金持ちになる確率が上がる

“高収入男性のほうが読書をする”という調査結果がいくつもあります。

・読書習慣があり、本を読む機会を作っている人ほど年収が高い
 ・高所得者に比べ、低所得者の読書時間は短い
 ・低所得者の非読書率は高所得者に比べ、高い

人によって努力の仕方は異なるので、単純に読書をしたからといって年収が増えるわけではないと思いますが、お金という尺度で見ても、読書のメリットの大きさがわかります。

1 2