1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ
12 お気に入り 144940 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

stoneflowerさん

▼新型コロナウイルスに感染し、29日に亡くなった志村けんさん

▼苦楽を共にしたドリフのメンバーたちも、悲しみのコメントを寄せた

志村けんさんが新型コロナウイルスによる肺炎のため29日に亡くなったことを受け(享年70歳)、ザ・ドリフターズのメンバーとして志村さんとともに活動した加藤茶、仲本工事、高木ブーの3人がコメントを発表した。

加藤は「ドリフの宝、日本の宝を奪ったコロナが憎いです。皆さんも身近に感じて、気を付けてくださるようお願い致します」とコメントし、仲本は「ドリフも順番に逝く歳になったとは思ったけど、一番若い志村が長さんの次になるとは、、、。非常に悔しいです」と、つらい思いを吐露。

高木ブーさんは、所属事務所のホームページで、「志村早すぎるよ、俺より先に逝くなんて。3年前に、久しぶりにドリフでコントやった時、『高木さんも80歳過ぎて、頑張ってるんだから、自分も頑張らなきゃなぁ』って言ってたよね。また一緒にコントやりたかったのに。心よりご冥福をお祈り申し上げます」というコメントを発表しました。

▼親交があった芸能人からは、彼の「知られざる素顔」が明かされています

・生島ヒロシは、志村さんが「努力家」だったことを告白…

フリー転身直後、悩みを相談すると志村さんは「俺は常に不安だ。新しい人が出てくる」と告白。「最大限のことをやっている。世界中からビデオを取り寄せて、朝まで見てネタを考えている。毎日やることで自信につながる」と、不安に立ち向かう秘けつを伝授してくれたという。

生島はこれを聞いて「志村さんは天才肌だと思っていたけど、これほど見えない努力をしていたのか」と感心したという。

・高田文夫は、志村さんがビートたけしのラジオ番組を見学しに来たエピソードを披露

放送作家の高田文夫氏が、30日に放送されたニッポン放送『高田文夫のラジオビバリー昼ズ』(毎週月曜~金曜 11:30~)に出演。新型コロナウイルスに感染して肺炎を発症し、入院していたお笑いタレントの志村けんさんが29日に亡くなったことを受け、志村さんとの思い出を語った。

かつて、自身も出演していた深夜のニッポン放送「ビートたけしのオールナイトニッポン」のスタジオに志村さんが「ちょっと勉強させてください」と訪ねてきたエピソードを語り始めた。

「『到底、私にはできない仕事です』って帰っていったのよ。しゃべりになると、たけしさんがいたから『ああ、これは勝てない』っていうことで『自分は作り物のコントを作っていこう』って。志村さんは自分の方のコントの役作りをやって、バカ殿とか変なおじさんとか、そういうのを作っていって。やっぱり、偉大な喜劇人だったね」と偲んだ。

・キンコン梶原は、志村さんが見せたリハーサルでの優しさに感激…

お笑いコンビ・キングコングの梶原雄太が30日に自身のツイッターを更新。70歳の若さで亡くなった志村けんさんとの思い出を語った。

リハーサルで志村さんは、ツッコミ担当の西野亮廣に対して「頭おもいっきり叩いてね。遠慮しないでね」と言ったという。

人気バラエティー番組「はねるのトびら」(フジテレビ系)で共演した際の志村さんのエピソードを明かし「志村けんさん。心からご冥福をお祈り致します」と悼んだ。

・和田アキ子は、志村さんの寡黙な素顔を明かした

志村けんさんの訃報を受け、親交のある和田アキ子(69)が30日、コメントを発表し、数々のエピソードを明かした。

「飲み屋で一緒になることが多くて、何度かばったり会って飲みました。とにかく静か~に寡黙で飲むんですよ」とプライベートの様子を明かした。

1 2