1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

夢見てかわいい♡愛されてロングセラー『大人も子供も楽しめる絵本』

ただそこに置いてあるだけで、”かわいい♡”と注目を集めるだけでなく、もちろん内容は、子供に読み聞かせするには適しているし、何より親子で楽しめるんです。さすが愛されてロングセラー、『大人も子供も楽しめる絵本』です。

更新日: 2020年04月06日

7 お気に入り 1435 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonoichigoさん

▼『うさぎのくれたバレエシューズ』

文 安房 直子
絵 南塚 直子
出版社 小峰書店
価格 1,430円
対象年齢 小学校1~2年生

● 評価

● あらすじ

バレエ教室に通い始めて5年もたつのに踊りが上手くならない
女の子。スランプに陥っている時に桜色のバレエシューズが届きます
。そのシューズを履くと…体が軽くなって、足がひとりでに
はねあがって…。

● レビュー

その景色の、きれいなことといったら・・・!ページに広がる、
大きな桜の木。ひらひらとこぼれ落ちる、桜の花びら。ページを
開けば、春のあたたかな風やにおいが、ふわっと広がるようです。

桜の木の下で、うさぎのバレエ団と女の子が踊るシーンは美しく、
見ている自分まで、女の子のように、まるで「風」や「蝶」になって
踊れるような気がしてきます。

▼『もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず つよさのひみつ』

文 北海道日本ハムファイターズ選手会
絵 堀川 真
出版社 北海道新聞社
価格 1,425円

● 評価

堀川/真
『けんぶち絵本の里大賞びばからす賞』を「北海道わくわく地図
えほん」(北海道新聞社/第16回)、「いのちのいれもの」(小菅正夫作/
サンマーク出版/第21回)、「もりのやきゅうちーむ ふぁいたーず」
(北海道日本ハムファイターズ選手会作/北海道新聞社/第26回)にて受賞

● あらすじ

ファイターズの選手たちがつくった人気絵本シリーズ「もりの
やきゅうちーむ」の第2弾。今回は、「寝る」「食べる」「運動する
」といった、こどもの成長に大切なことを楽しく教えてくれます。

● レビュー

どの動物がどの選手をイメージしているのか、絵本ではあえて
書かれていません。公式サイトを見ると分かります。物語そのものを
楽しみ、その後どの選手がどれかを探し、答えあわせをする、
繰り返し読める本です。

日本ハム時代の大谷翔平選手は、何の動物?

小ネタいっぱいのファンにとって楽しい本ですが、ファン以外の方
にも楽しめる内容で、読み聞かせにも良さそうです。

▼『ダース・ヴェイダーとルーク(4才)』

文 ジェフリー・ブラウン
訳 とみなが あきこ
出版社 辰巳出版
価格 1,320円

● 評価

なんとスター・ウォーズを製作するルーカスフィルム公認の
この絵本!

単独では、13万部のヒットを記録。続編の『ダース・ヴェイダーとプリンセス・レイア』と合わせると、21万部を突破する人気シリーズとなっている。

● あらすじ

"もしも、ダース・ヴェイダーが子育てに積極的だったなら"
シスの暗黒卿ダース・ヴェイダーは、反乱同盟軍の英雄たちと戦う
べく、銀河帝国軍を率いる。だが、そのまえに、まず4歳の息子、
ルーク・スカイウォーカーと 遊んでやる必要がある・・・

● レビュー

どんな映画スタアさんにも、幼少期はあるわけで、親兄弟はいる
わけで、その舞台裏を、スターウォーズに影響されまくった幼少期を
過ごした作者が、激しく妄想しまくって、できた夢の一冊。

「そして父と息子として共に銀河を支配するのだ!」
「そしたらおやつくれる?」
映画では張り詰めた緊張感の中で放たれるセリフも、4才児にかかれば
この脱力感。そんなパロディーがあちこちにちりばめられている。

1 2