1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

【プロ野球】オリックスバファローズ 選手のまとめ

比嘉幹貴

生年月日:1982年12月7日
出身:沖縄県沖縄市
高校:沖縄県立コザ高等学校
大学:国際武道大学

2009年のドラフト会議で、オリックス・バファローズに2位指名された。当初入団交渉は難航したが[注 1]、最終的には契約金6000万円・年俸1200万円+出来高払い(金額は推定)で契約合意した。

サイドスローから投げ込む最速146km/hのストレートと、スライダー・カーブ・シンカーなどの変化球が持ち味。制球力が高く、牽制やフィールディングの技術も卓越している。岡田彰布がオリックスの一軍監督だった時期には、岡田から「牽制が(NPB)12球団(の現役投手で)一番上手」との評価を受けていた[14]。

荒西祐大

1992年8月25日
出身:熊本県玉名市
高校:熊本県立玉名工業高等学校

2018年度ドラフト会議でオリックス・バファローズから3位指名を受けた[8]。Honda熊本入社から8年をかけてのドラフト指名となり、また26歳での指名は同年ドラフトにおける最年長指名でもあった[2][5]。契約金6,500万円・年俸1,100万円(推定)の条件で契約を結び、背番号は15となった[2]。担当スカウトは山口和男。背番号15は、2018年限りで現役を引退したHondaの先輩に当たる佐藤達也の背番号を引き継いだものであり、荒西も「素晴らしい番号を頂いたので、大先輩である佐藤達也さんのように、結果を残しファンに愛される選手になりたい」と抱負を語った[9][10]。

サイドスローから最速149km/hのストレートを投じる[9]。変化球はスライダーのキレを武器とし、シンカーも用いる[2][9]。打者の両サイドに投げ分けるコントロールの良さと、強気のピッチングスタイルが持ち味[5][10]。

吉田正尚

生年月日:1993年7月15日(
出身:福井県福井市
高校:敦賀気比高等学校
大学:青山学院大学


2015年のNPBドラフト会議で、オリックスから1巡目で指名され、契約金1億円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で入団した。背番号は34。この会議ではJR西日本から杉本もオリックスから10巡目で指名され、大学以来のチームメイトとなった。なお、球団としては「どうしても和製大砲がほしかったんです」との理由で1位指名したが、本人は「(チームには)糸井嘉男、T-岡田、後藤駿太と左の素晴らしい外野手がたくさんいる」ことから、オリックスからの1位指名は想像していなかったとのことである[16]。

宗佑磨

生年月日:1996年6月7日
出身:東京都武蔵野市
高校:横浜隼人高等学校

2014年のNPBドラフト会議で、内野手としてオリックス・バファローズから2巡目で指名[7]。契約金6,000万円、年俸700万円(金額は推定)という条件[8]で入団した。背番号は6[9]。

中学3年生時の冬休みにガーナを訪れ、その際に知人の呪術師から現地の宗教に基づくブレスレット状のお守り「ジョパタ」をもらった。高校生になり、それをユニフォームのポケットに入れてプレーすると試合でご利益が現れるようになったという。オリックスへの入団後の入寮の際にも、「ジョパタ」を持ち込んだ[4][28]。

吉田一将

生年月日:1989年9月24日
出身:奈良県橿原市
高校:青森山田高等学校
大学:日本大学

吉田投手は入団1年目から期待されており、1年目から1軍で登板を重ねていた投手の1人です!
そんな吉田投手が与えられた背番号は14番となっています。
背番号は〇〇2世なんて言われることもあるので、過去にどんな選手が付けていたのかは気になりますよね?
オリックスで過去に遡ってみると、実績ある選手では、山口和男投手や加藤大輔投手、岸田護投手がいました。
この3投手を見てみると、皆抑えとして実績のある投手となっていますね!
山口投手は最高17セーブですが、加藤投手と岸田投手は最高33セーブと実績は申し分ありません。
でも、背番号14番を付けた選手は長い間活躍したのは加藤投手だけであり、不安の残る背番号となっています。
そんな背番号を付けている吉田投手ですが、ドラフト1位とあって経歴は気になりますよね?

6月20日、オセアンバファローズ舞洲で行われたオリックスと中日のウエスタン・リーグ公式戦第15回戦は、完封リレーを決めたオリックスが2対0で勝利。3連戦の最終戦を白星で飾り、カード勝ち越しを決めた。

 先制したのはオリックス。4回裏に1死満塁の大チャンスを迎えると、宗佑磨選手の併殺崩れの間に1点を挙げる。さらに2死満塁から根本薫選手が押し出し四球を選んで追加点をもたらし、2点のリードを保ったまま試合を進めていく。

 オリックス先発の吉田一将投手は、140km/h台の速球にフォーク、スライダーといった変化球を交えて好投し、中日打線に得点を許さず。6回を投げて無失点と素晴らしい投球内容を見せ、リリーフ陣にマウンドを託した。

近藤大亮

生年月日:
出身:大阪府堺市堺区
高校:浪速高等学校
大学:大阪商業大学

2015年のプロ野球ドラフト会議でオリックス・バファローズから2巡目で指名。契約金8,000万円、年俸1,200万円(金額は推定)という条件で入団した[4]。背番号は20。

最速151km/hの直球、変化球はスライダー、フォーク、パームボールを投げる[10]

1 2