1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

2009年公開『サマーウォーズ』

気弱な少年・小磯健二(神木隆之介)は、数学が得意だったが国際数学オリンピックの日本代表になりそこねてしまう。目標を失った健二は、学校一の人気者で憧れの先輩・篠原夏希(桜庭ななみ)から「バイトしない?」と持ちかけられる。そのバイトとは、夏希の婚約者のふりをすることだった。夏希へ想いを寄せていた健二は複雑な気持ちだったが、その嘘に付き合うことに。

そして、偽の婚約者となった健二は夏希の曽祖母・陣内栄(富司純子)の誕生日会に参加する。沢山の親戚が一堂に会する様子に驚きながらも、平和に過ごしていた矢先、健二の元に一通のメールが送られてきた。健二はそのメールの暗号を何の気なしに解読したが、実はその暗号は多くの人が利用しているインターネット上の空想世界「OZ」のセキュリティに侵入するためのものだったのだ。謎の人工知能「ラブマシーン」が暴れ始めてしまい、世界は大混乱に陥る……。

ネットの中だからって、何でもやっていいと思ったら、大間違いだ!

最近ネットの中での事件や誹謗中傷
色々バグを作ってそれを拡散させて自己顕示欲を高めようする

などの問題を的確に指摘している一言ですね!

この頃から細田監督はネットでの問題を予見していたようですね(*‘∀‘)!(ちょっと違うけど)

大事なのは昔のように、人と人が声をかけ合ってコミュニケーションをとること。

ラブマシーンによって街が大混乱に陥った時、栄が言ったセリフです。栄は広い人脈を駆使して電話を駆け続けます。相手が人工知能だとしても、人と人でコミュニケーションをとることが大切だと、長年厳しい時代を生きた89歳の栄だからこそ言える言葉です!

人との繋がりが希薄になりがちな現代。思わずハッと大切なことに気付かされる深い言葉ではないでしょうか。

諦めなさんな。諦めないことが肝心だよ。

諦めないことだけでは足りませんが、「諦めたらそこで終了です」とどこぞの監督が言ってましたねw

ここで頑張らないでいつ頑張るんだい!

これは、あんたにしかできないことなんだ。あんたならできる。できるって

OZが引き起こした大混乱をテレビで見た栄。「まるで攻め込まれているようじゃないか」とつぶやき、かつての教え子などの知り合いに電話をかけて、アドバイスや叱咤激励をする。その時の言葉の1つ。

止めて涙。ここ握って、止めて。

憧れの大人で大切なかけがえのない人である栄が亡くなった時に、夏希が健二へ言ったセリフです。健二は恐る恐る夏希の手を握り、それと同時に夏希は大声で泣き始めます。いつも笑っていた夏希が涙する姿に、胸が締め付けられてしまいますよね。

また、2人の淡い想いが垣間見える場面でもあります。何も言わずにただ手を握ってあげる健二の優しさに、夏希も心を許したのでしょう。甘酸っぱい恋模様に切なくなりますね。

まあ、まずは落ち着きなさい。人間、落ち着きが肝心だよ。

絶体絶命の時落ち着くことができる人は、器が大きくて頼りがいを感じますよね?

今の状況を冷静に見つめて、今自分ができることを改めて見直すために必要不可欠なことですね!

家族同士で手を離さぬように、人生に負けないように、 もし、辛い時や苦しい時があっても、いつもと変わらず、家族みんな揃って、ご飯を食べること。

映画のテーマである家族愛を象徴する一言ですね○

遺書として残された言葉ですが、

この言葉により陣内家が一丸となって戦うことを決意する一言です。

一番いけないのは、おなかが空いていることと、1人でいることだから

栄が残した遺書の中にある一節です。今作の中でも多くの人が一番の名言としてあげるこの言葉。栄は人と人との繋がりをとても大切にしている人でした。

親戚全員で集まって食卓を囲む光景は、栄が一番望んでいたものだったです。自分が死んで、みんなバラバラになってしまうのを恐れた栄が残した言葉に胸が熱くなりますよね。
誰かと一緒に生きるということの大切さを教えてくれている気がします。

私はあんたたちがいたおかげで、たいへん幸せでした。

栄の遺書で最後に出てくるこの言葉。激動の時代を生きた栄、辛いことも悲しいことも沢山あった人生をこの一言で終えます。後悔したことなど、マイナスな言葉が一切無かった栄の遺書を締めくくるものとして、最高の言葉ではないでしょうか。

思わず涙してしまう、今作屈指の感動場面です。陣内栄という人物の偉大さを思い知りますよね。親戚中に広がっていた喪失感が、この遺書によって吹っ切れます。

こういうのは、勝ちそうだから戦うとか、負けそうだから戦わないとかじゃないんだよ。負け戦だって戦うんだ、うちはな。それも毎回

1 2 3