1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

ダウンはどうする?冬服の保管でやってはいけないこと

ダウンジャケットやニット・セーターなど衣替えで注意したいこと。

更新日: 2020年04月06日

35 お気に入り 59087 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

senegirlsさん

今年も衣替えの季節が…

思いきって冬物洗濯して、衣替えしようと朝から一人バタバタ。 あとは、暇だーと言いつつ、何にもしてない。

ダウンを洗わないのはNGみたいで

しまい洗いとは、衣替えでシーズンオフの衣類をしまう前に、お洗濯をして汚れをしっかり落とすことをいいます。

汗や皮脂汚れが残ってると、収納後、衣類を取り出した時に、黄ばみやニオイが発生していたり、食べこぼしなどの汚れがあると、保管中に虫食いの被害に合うことがあります。

最低でもGW前に行うべきだとか

衣類を食べるのは冬から春にかけての幼虫の時期。多くの虫は5月のゴールデンウィーク前に成虫となり、産卵期を迎えます。

虫食い被害を防ぐためには、ゴールデンウィークが冬物衣類をしまい洗いするタイムリミットとなるのです。

また、ハンガー収納派は要注意

ハンガーに吊るした状態で長期間そのままにすると、ニット類など素材によっては洋服が伸びて型崩れする恐れがあります。

ハンガーにかけたまま収納する際は滑り止めがあり、衣類が伸びるのを防止するハンガーを使用しましょう

セーター・ニット類の収納のコツは、ショップなどで用いられている一般的な洋服の畳み方から、さらに3回に分けて畳んでいきます。

こうすることで、かさ張りがちなセーターやニット類もコンパクトに、キレイなまま収納できますよ。

一方で、型崩れやしわを避けたいシルクなどの洋服は、畳まずにハンガーに吊るしたままの方がいいそうです。

さらに、盲点なのが…

服をかけたときに、肩の切り替え部分よりも若干内側にハンガーの先端がくるのがベストサイズです。

1 2