1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

4月6日のモーニングショーでPCR検査について特集

日本のPCR検査態勢に、在日アメリカ大使館は
「感染率を正確に評価することは困難」と、
日本からの帰国を促している。
100万人あたりの検査人数は、ドイツは1万1127人、
イタリアは9829人、韓国は8382人、
アメリカは3825人、日本は273人。
日本政府はPCR検査の必要性が
適切に判断されているか調査に乗り出している。
出演者らは「日本は遅れてる」などとコメント。

▼番組に出演していた田崎氏のコメントが物議

田崎 史郎(1950年6月22日 - )は、
日本の政治評論家。時事通信社解説委員。
1973年に大学卒業後、時事通信社へ入社。
1979年に政治部に配属され
大平正芳内閣総理大臣の番記者になる。
整理部長、編集局総務、解説委員を経て、
2006年から時事通信社の
解説委員長を務めながら複数の番組で政治解説。
2010年6月30日付で
時事通信社を定年退職したが、
引き続き解説委員として勤務する。
しかし、2015年6月で再雇用が終了したが
会社との関係は維持している。

玉川氏「政府の中枢にかかわる専門家の中で未だにPCR検査を全員をあぶりだすという事を良しとしてないんですね」

玉川氏「それをやると検査をするところに殺到して、そこでメガクラスターが発生すると言ってるんですよ、未だに」

田崎史郎氏「玉川さんのお話は誰がそうされてるんですか?」

玉川氏「言えません。取材源の方は」

田崎史郎氏「少なくとも政府の方は医者が必要と認めたものは、検査してくださいって、ず~っと言ってます」

田崎史郎氏「進んでないのは保健所の問題なのか、医者の問題なのか、それとも検査機関のキャパの問題なのか、これよくわかんないんですよ」

山口真由さん「死者数がひとつの目安になります」

玉川氏「感染して亡くなった方の死者数でしょ?感染が確認されて亡くなった方の死者数ですよ」

田崎史郎氏「肺炎で亡くなった方の事を後でCT検査して、これでコロナウイルスかどうかいちいち検査してるんですよ。全部やってるんですよ」

玉川氏「全部じゃありませんよ。今までずっと最初からですか?」

田崎史郎氏「最初から」

玉川氏「最初からすべての病院に対して、一日に400人以上肺炎で亡くなる人をPCR検査やってんですか?やってないじゃないですか?」

田崎史郎氏「PCRじゃなくてCT検査をしなさいって事を言ってるんですよ」

関係者の気になる証言一覧

今日、心肺停止て運ばれてきた患者がいた。数日前からの39度台発熱。蘇生したが亡くなった。CTをとると、肺炎像、スリガラス様の陰影が多発。コロナウィルス感染も否定できないため保健所に検査の依頼をしたが断られた。感染者と濃厚接触してなければできないと… こんな状況では必ず蔓延してしまう。

@KamiMasahiro 呼吸器内科勤務です。一般の方が肺炎が原因で死亡された方には全例PCRをしていると思っている方が多くいることに驚きました。 うちでも肺炎でも年齢が若い方や余程疑いがない方は検査していません。医師が検査依頼しても断られる例もいまだに多いそうです。院内感染発生に怯えながら働いています。

@xDAgk64zFgjXXeN @x__ok @boukennkyusha @kaokou11 死亡時画像診断のガイドラインはこれです jart.jp/news/tclj8k000… 実際に死因が肺炎の場合、CT検査が可能か行われているかというと…? 葬儀屋の対応がこっち sougi-critic.com/sougi-19/ ネットで話題になった「もしくはその恐れがあるご遺体は、24時間以内に火葬することができる。」の記述あり。

1 2