1. まとめトップ

[限定無料公開中]AKIRA映画全編公開中:もはや預言書と呼ばれるAKIRAが無料で観られる

2020年の東京オリンピックの開催。作品でも「中止だ、中止!」の落書きがあったように、開催が危ぶまれているが、現実の東京オリンピックも延期が決まってしまい、現実との奇妙な符合を感じる。もはや預言書と呼ばれるAKIRAが無料で観られる公開中

更新日: 2020年04月06日

2 お気に入り 1814 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Ailnoirさん

もはや予言書? 公開時の衝撃再び! 今「AKIRA」を見てほしい

1988年7月16日。東京のどこかで新型爆弾が爆発、第3次世界大戦が勃発した。それから31年後、2019年の「ネオ東京」を舞台に物語は始まる。

1988年(昭和63年)に、日本で公開された。

まだ原作が連載中(4巻まで)の制作であったため、大友が自ら映画上映用に描き下ろした絵コンテをベースに、原作で言う3巻前後までの展開(鉄雄暴走・アキラ復活・ネオ東京の崩壊)の後、映画独自のラストに帰結する形でまとめられている。

一方、クライマックスでの展開には原作のラストに通じる要素も多く含まれている。

現代の世相や出来事を予言している。「AKIRA」に時代が追いついた。

作中で予言されていた2020年の東京オリンピックの開催。

作品でも「中止だ、中止!」の落書きがあったように、開催が危ぶまれているが、現実の東京オリンピックも延期が決まってしまい、現実との奇妙な符合を感じる。

復興のムードはあるが、先行きのみえない将来に多くの人が不安を感じている時代の空気感は、状況は異なるが現代そのものと言っていい。

「AKIRA」 あらすじ

1988年7月、関東地区に新型爆弾が使用され、第三次世界大戦が勃発した。

31年後——2019年東京湾上に構築されたメガロポリス、ネオ東京は翌年にオリンピック開催を控え、かつての繁栄を取り戻しつつあった。

健康優良不良少年グループのリーダー・金田は、荒廃したこの都市でバイクを駆り、暴走と抗争を繰り返していた。ある夜、仲間の鉄雄は暴走中、奇怪な実験体の少年と遭遇し、転倒負傷。呆然とする金田たちの前で、彼らは軍の研究所へと連れ去られてしまう。

鉄雄救出のために研究所へ潜入を試みる金田。だが、彼はそこで、過度の人体実験により新たな「力」に覚醒した、狂気の鉄雄を見る。

一方、研究所内の特殊ベビールームでは、実験体の少女が、「最高機密=アキラ」の目覚めを予言。

鉄雄は自らの力の謎に近づくべく、地下深く眠る「アキラ」への接近を開始した——

そんなAKIRAが限定公開中

「AKIRA」4Kリマスター版の音に迫るドキュメンタリーがYouTubeで期間限定公開(動画あり) natalie.mu/eiga/news/3742… #AKIRA #大友克洋 pic.twitter.com/C77VRgGuZT

こちらで映画AKIRAを観られる

▼YouTube

1