1. まとめトップ

『サピエンス全史』著者の知の巨人ユヴァル・ノア・ハラリまとめ!

日本語訳もされている、『サピエンス全史』『ホモデウス』『21 Lessons』の著者ユヴァル・ノア・ハラリがどんな人物なのかまとめました!

更新日: 2020年04月06日

1 お気に入り 478 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

さいきん読んだユヴァル・ノア・ハラリの『ホモデウス』『サピエンス』を読んで著者に興味を持ってしまったのでこちらでまとめます。

ganimataさん

ユヴァル・ノア・ハラリの本読んだことありますか?

『サピエンス全史』ではホモ・サピエンスが地上の覇者となるまでの長い歴史を、『ホモ・デウス』ではバイオテクノロジーとアルゴリズムの進展によって人が神のような存在へとなる未来の可能性について、そしてこのたび日本語訳が刊行された『21 Lessons』では現在私たちが直面しつつある課題とそれへの対処を検討している。

いずれの本も、多様な領域におけるあまたの研究や知識を踏まえながら、人類の過去と未来と現在を、大きな歴史の物語としてまとめあげている。

人類 (ホモ・サピエンス) はいかにして他のヒト属を出し抜いて世界を統べたのか、宗教・経済・科学の発展と...『サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福』ユヴァル・ノア・ハラリ ☆5 booklog.jp/users/physchem… #booklog

@OXFXfZVZWZ8tfXU 歴史学者のユヴァル・ノア・ハラリさんの本は、面白いですよ。 サピエンス全史も、ホモ・デウスも。 新しい視界を得る、という感じです。 ボンヤリな私にとっては良い知的刺激!? 21Lessons は、図書館で借りたのに忙しくて読みきれず返却期限が来てしまい、また順番待ちです(笑)

ユヴァル・ノア・ハラリってどんな人物?

ユヴァル・ノア・ハラリ (ヘブライ語: יובל נח הררי‎、英: Yuval Noah Harari、1976年2月24日 - )は、イスラエルの歴史学者。ヘブライ大学歴史学部の終身雇用教授[1] 。

1993年から1998年の間、ヘブライ大学で地中海史と軍事史を学んだ。その後オックスフォード大学のジーザス・カレッジに進み、Steven J. Gunnに師事して2002年に博士の学位を取得した。

2009年から2012年にかけていくつかの有名な賞を受賞して名声を固めていった。さらに2015年、フェイスブックの創始者であり現CEOでもあるマーク・ザッカーバーグによってサピエンス全史が紹介され一躍世界的に有名になった。

現代の「知の巨人」と呼ばれ、世界が注目!

3月15日付のアメリカ「TIME」誌に、「人類はコロナウイルスといかに闘うべきか――今こそグローバルな信頼と団結を」と題する文章を寄稿。

黒死病(ペスト)や天然痘など過去の例を挙げながら、グローバルな交通ネットワークが無い時代においても感染症が広がっていったことを指摘。

「全体主義的な監視社会を選ぶのか、それとも個々の市民のエンパワメントを選ぶのか」、「国家主義者として世界から孤立するのか、それともグローバルな連帯をとるのか」という2つの重大な選択を迫られているのだという。

知の巨人と称えられる歴史家ユヴァル・ノア・ハラリは、私たちがその現実と向き合わなければ、企業や政府によって人間の脳がハッキングされる日も近いと警鐘を鳴らす。

今後も彼の動向に注目です!

1