1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

この記事は私がまとめました

uwajimanさん

最近よく聞く「テレワーク」

テレワークとは、
情報通信機器等を活用して、時間や場所の制約を受けずに、柔軟に働くことができる形態のことを指します。

派遣社員はリモートワークができないのでしょうか?

現在の労働法上、リモートワークをすることは法的な権利ではありません。

ただ、あまり例はありませんが、労働契約書などで『リモートワーク』という働き方を選択できるとされていれば、派遣労働者(派遣社員)でも可能となります。

リモートワークに関しては、そもそも前提として、リモートワークが可能な職種や業務でないと対象になりません。たとえば、受付業務の派遣労働者がリモートワークをおこなうことは不可能です。これは正社員であっても同様です。

そもそも派遣社員と正社員の違いって何?

派遣社員と正社員の最も重要な違いは、「社員であるか否か」です。派遣社員は実は社員ではないのです。

実際に働く企業との雇用関係はなく、あくまで派遣会社と雇用関係にあります。そのため、派遣先の実際に働く企業の社員ではないのです。

業績が下がったら、真っ先にクビ

「働き続けなければならない」という、労働者に共通の不安もありますが、「クビになりやすいのではないか」という非正規雇用ならではの不安も感じています。

会社の業績が悪いときほど、正規雇用と非正規雇用の違いを意識させられる場面が増えてきます。

新型コロナウイルス感染症の流行によって、いままで隠れていた非正規雇用の弱点が明らかになったと言えるでしょう。

非常時には立場の弱さが目立つのが現実。。

リモートワークを断られても、派遣元企業や派遣先企業に対して、自分で説得することはできます。しかし、実際には、個人の力では難しいのが現実です。

また、労働契約書や就業条件明示書で、『リモートワークができる』とあるような場合は、権利として要求することができますが、まだそうした条件が記載されたものは、あまり実例を見ません。

派遣労働者は、派遣先との関係では立場が弱いことが多いため、現在のような非常時には、その立場の弱さが目立つことになってしまいます。

これに対してネットでは様々な声

出向者や派遣社員のテレワーク許可を!全社員(正社員・非正社員)の在宅勤務許可を求めます!全員で新型コロナ感染拡大防止を!

1ヶ月後に派遣も在宅勤務でいいよってならんかな…?ならんか

1 2