1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

薬剤師の資格を持つ筆者が、新型コロナウイルスの予防方法・予防対策として有効な方法を解説します。

corona2020さん

新型コロナウイルス感染者が増え続けており、ドラッグストアではマスク・アルコール消毒液・除菌剤などが品切れになっています。

そんななか、ウイルスの消毒・除菌・殺菌に効果があり、安全性が高い『次亜塩素酸水』の人気が高まっています。

次亜塩素酸水の効果はどのくらいあるのか?本当に安全なのか?

皆さんの疑問について、薬剤師の資格を持つ筆者が解説します。

◎次亜塩素酸水は、ウイルスの消毒・除菌・殺菌効果が高く・安全性も高い

【次亜塩素酸水の効果・特徴】

・インフルエンザウイルス・ノロウイルスの殺菌効果が実証されている

・新型コロナウイルスに対する除菌・殺菌・消毒効果が期待できる

・除菌するとすぐ水になるため、目や口に入っても害はない

・手で触っても手荒れしないので手洗いの消毒液として最適

・うがい、野菜の洗浄に使うこともできるなど、安全性が極めて高い

次亜塩素酸水は、インフルエンザウイルスやノロウイルスの殺菌効果が実証されており、新型コロナウイルスに対する除菌・殺菌効果が期待されています。

次亜塩素酸水は除菌するとすぐ水になるため、目や口に入っても害はなく、手で触っても手荒れしません。

また、うがいに使うこともできるなど、安全性が極めて高いのが特徴です。

■次亜塩素酸水の効果【厚生労働省】

■厚生労働省による次亜塩素酸水の定義

・次亜塩素酸水は殺菌料の一種であり、塩酸又は食塩水を電解することにより得られる水溶液。

・わが国では平成 14 年 6 月に食品添加物として指定されている。

・次亜塩素酸水には、強酸性次亜塩素酸水・微酸性次亜塩素酸水がある。

■食品安全委員会における食品健康影響評価結果

次亜塩素酸水は、使用後、最終食品の完成前に除去される場合、安全性に懸念がない

■【有効性】

◎微酸性次亜塩素酸水

・各種微生物についての殺菌効果、食品に対しての殺菌効果試験を行ったところ、次亜塩素酸ナトリウム等と同等以上の殺菌効果が得られた。

・ホウレンソウを微酸性次亜塩素酸水で処理し、使用中の有効塩素濃度の測定を行った結果、有効塩素は検出されず、残留性は低いことが示された。

・食品中の栄養成分に及ぼす影響として、微酸性次亜塩素酸水処理によるビタミンC等の含量への影響を検討した結果、水道水処理等の場合と比較して影響を与えなかった。

◎弱酸性次亜塩素酸水

・微生物に対する殺菌効果及び食品に対する殺菌効果を検討すべく試験を行ったところ、殺菌効果があることが示された。

・食品中の栄養成分に及ぼす影響として、強酸性/弱酸性次亜塩素酸水や水道水での処理によるカットキャベツからの滲出液量について評価したところ、弱酸性域では滲出量も押さえることができ、殺菌効果もあるためカット面を持つ食材の殺菌に適していると考えられた。

1