1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

韓国ネット性犯罪の闇…『n番部屋事件』の犯人の正体とは?

n番部屋の管理運営者の中で主犯格は3人いる。博士ことチョ・ジュビン容疑者は逮捕。初代管理人は行方不明。

更新日: 2020年04月09日

15 お気に入り 78091 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

wappameshiさん

韓国のネット性犯罪『n番部屋事件』とは?

n番部屋の管理運営者の中で主犯格は3人いる。

n番部屋事件は、韓国で2018年後半から2020年3月までメッセンジャーアプリ内で行われていた大規模なデジタル性犯罪・性搾取事件。

テレグラム(telegram)内のチャットルームを使用していた。

被害者の74名は「援助交際のアルバイト」などの名目で募集され、面接の際に個人情報を提供させられた。容疑者はこれを基に脅迫。性的動画や写真を撮影し、チャット上で公開することを強いた。

Telegramのグループ視聴機能を利用し、入会金を支払った数十万人もの会員に女性らの生配信を公開していたのだ。入会金は最大で約20万円にも上ったが、過激な内容が変態男性の間で密かに人気を博し、登録されていた会員数は26万人にものぼったという。

n番部屋(博士の部屋)の管理運営者である「博士」が逮捕された

3月19日、ソウル地方警察庁は、女性に性暴力を振るう動画などをSNSにアップしたとして、サイト運営者のチョ・ジュビン容疑者と共犯者13人を逮捕した。

チョ・ジュンビンが博士

チョ・ジュビンは25歳。2018年に大学を卒業、専攻は情報通信だったという。学業成績は優秀で、複数の奨学金を受けていたとされる。学校の論文コンテストで1位になったこともあるようだ。

「博士部屋」の創設者であるチョ・ジュビンも「女性は金もうけの道具だ。金になるし、消費者が多いからやる」と言った。

n番部屋の博士こと조주빈(チョ・ジュビン)大学の成績は4学期中3学期で平均学点4.0以上、情報通信専攻で大学新聞社で編集局長としても活動し、優秀な学生と評価を受けていたが交友関係が円満ではなかったらしい。卒業直後の2018年から犯罪開始。本当に人は学力によらない pic.twitter.com/TGy3UNJZ57

n番運営のチョ・ジュビン容疑者「ガールフレンド」と呼ぶ女性にも虐待。n番部屋事件で使われたチャットルームの運営者であるチョ・ジュビン容疑者。犯行に加担20代女性を「ガールフレンド」と主張ことが判明。しかし、この女性は当初、チョ容疑者らに性的虐待を受けた被害者(っ`Д´)っ

博士の共犯者は軍人

韓国国防部が「博士部屋」の運営者チョ・ジュビン容疑者の共犯者とされるA一等兵に対して厳重に処罰し、将兵らの携帯電話使用教育を強化すると明らかにした。

軍人Aは、チョ容疑者が運営していた「博士の部屋」内で性搾取物を数百回に渡り流布し、部屋外部に広げた容疑がもたれる。

韓国、 児童及び青少年に対する性犯罪への公訴時効を廃止‼️ 凶悪なデジタル性犯罪「n番部屋」事件についての捜査もガンガン進めてる。主犯の1人であるチョ・ジュビンが逮捕された後、関係者が数人(公務員、軍隊に服務中の兵士ほか)拘束され、3人以上が自首した。膨大な"加害者" の数には及ばないが、

博士の後継者を逮捕した

「博士部屋」の運営に携わった後、「太平洋遠征隊」と呼ばれる部屋を運営していた16歳の被疑者を現地警察が拘束し、検察に送致したことがわかった。

昨年10月からことし2月までチャットルームを運営していた。会員は8000人から最大2万人。

主犯格は未だに行方不明

テレグラムに最初にチャットルームを開設したのが『カッカッ』という人物。

『ガッガッ』は2018年頃からテレグラムに「1番」から「8番」までのチャットルームを開設し、未成年者のわいせつ動画を配信しはじめた。

2019年2月、カッカッは部屋の管理と運営の権限を『ウォッチマン』というハンドルネームの男に移譲しネット上から姿を消す。

『ウォッチマン』の登場で部屋が乱立していった。
2019年7月に「博士」というハンドルネームの男が登場する。

検察はn番ルームで児童性搾取物を製作流布した『ウォッチマン』ことJ被告に懲役3年6カ月を求刑した。

正体が38歳の会社員。昨年10月に別の事件で逮捕され、捜査中にn番部屋事件への関与を自供した。

新たに明らかになっていっている情報によると…갓갓(カッカッ)と呼ばれる人が初めにn番部屋を作り、와치맨(ワッチメン)という’고당 방(ゴダン部屋)'運営者に譲り渡したそう。その後今回捕まった博士と呼ばれるチョ・ジュビンは2019年9月以降の運営者だそう…。 元の元が捕まらない限り意味ないね。 pic.twitter.com/CnlgCkVaCT

1 2