1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

殺菌効果を高めてくれる「マスクの付属品」が大注目されてた

新型コロナで注目を浴びているマスクですが、そのマスクの殺菌効果を高めてくれる付属品が注目されています。

更新日: 2020年04月10日

18 お気に入り 60294 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

様々な情報を参考に作成しています。

PINKMOMOさん

■何かと話題にのぼるマスク

政府が新型コロナウイルス対策のために全世帯に2枚ずつ配布すると表明している布マスク

新型コロナウィルスの感染拡大とともに、医療や介護職場でのマスクやアルコール消毒液の不足が一段と深刻に

■予防というよりは感染を広げない目的で利用されている「マスク」

すべてのマスクが非常に小さな粒子をブロックできるわけではない。それに、マスクをしていてもウイルスは目から入ることができる

■このマスクの予防効果を高めてくれる付属品が注目を浴びている

群馬大大学院の板橋英之教授は8日、電気部品製造の明清産業(前橋市粕川町、山田徹社長)と協力し、ウイルスなどを分解する光触媒を取り入れた銅繊維シートを開発したと発表

シートには、半永久的な殺菌効果があり、人体には無害。使い捨てマスクなどの上を覆ったり、電気スイッチのカバーにしたりして応用できれば新型コロナウイルスの予防策になる

シートをマスクの上からかぶせたり、テープ状にして手すりに巻き付けたりする形での実用化を目指している

■どんな仕組みなのか?

開発した繊維は、銅の表面に可視光応答型の光触媒が塗布されており、光が当たると強い酸化力を持った物質が発生し、ウイルスや菌を分解する

(1)そのまま (2)銅繊維に触れさせる (3)光触媒の銅繊維に触れさせる―の3パターンで30分間観察すると、銅繊維に触れさせた場合はそのままに比べて菌が1割に、光触媒の銅繊維では1万分の1に減った

マスク1枚の材料費は2000円弱と見込むが、板橋教授は「できるだけ早く実用化するためメーカーを探したい」と話す

■これはすぐにでも欲しい

良いと思われる事は積極的、迅速に検証して下さい。国も資金面、検査機関等々でバックアップせよ‼️ 光触媒×銅繊維 新シートで菌減少 群馬大 前橋の明清産業と協力し開発 新型コロナ応用も検証へ(上毛新聞) headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-…

上毛新聞がYahooニュースのトップにいるのは嬉しいなぁ。 頑張れ教授!コロナやつけてくれぃ 光触媒×銅繊維 headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-…

@yumidesu_4649 このマスクの開発に466億円の内の100億円でいいから投入して欲しい。 光触媒x銅繊維で滅菌するマスク↓ headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200409-…

■すでに製品化されているものも。「マスクインナー」

小松マテーレは東芝マテリアル(横浜市磯子区)の技術協力を得て、ウイルスを酸化分解する効果がある新しい光触媒技術を開発

二十九日に発売したばかり。ポリエステル製で、光触媒の酸化タングステンを表面に固着。マスクの上から微弱な光が当たるだけで、インフルエンザウイルスの感染力を99%抑えられる

1 2