1. まとめトップ

志村けんと加藤茶の不仲説の真相、絆、友情、いい話 まとめ

志村けんと加藤茶の不仲説の真相、絆、友情、いい話 まとめ

更新日: 2020年04月17日

2 お気に入り 4263 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

志村けんのドリフターズ加入を勧めたのは加藤茶

その後、リーダーのいかりやさんは、脱退した荒井さんの代わりに、荒井さんと同い年だった豊岡豊さんを加入させようとしていたのですが、これに対し、加藤さんは、せっかくなんだから、うちと一緒に回ってて、作り方も全部知ってるし、考え方も同じヤツって言ったら志村しかいない。
と、いかりやさんや加藤さんの付き人をしていた志村けんさんを入れるよう主張していたそうで、加藤さんは、2018年、「たけしが行く!わがままオヤジ旅3」に出演された際、
あの時ね、きつかったのよ、俺。しんどくて、ネタもあんまり出なくなってきてた。
と、志村さんの加入を後押しした理由を語っておられます。

志村けんが脱走したときに復帰させたのも加藤茶

実は、ドリフがまだブレイクする前、付き人だった志村さんは、一度、ドリフを脱走したことがあったそうですが、それから1年後、志村さんがドリフに戻ろうとした時、口利きして志村さんをドリフに復帰させたのも加藤さんだったそうです。

志村けんと加藤茶は不仲?

番組スタッフから「ウワサで志村さんと不仲説があった」と聞かれると、加藤さんは「よくいわれた」「まったくない」とキッパリ。続けて、ウワサの真相についてこう語ります。

別に不仲でもないんだよね。仕事が一緒になることが少なくなっちゃったんだよ。

2人の不仲説は、個人的な感情によるものではなく、仕事のタイミングが合わなくなってしまったためだという加藤さん。

また、志村さんに絶大な信頼を寄せていることが分かる発言も飛び出しました。

俺がね、どんなにボケても必ずツッコんでくるんだよね。だから、安心してボケられるっていうか。

そんな志村さんの人柄を、加藤さんは「とても努力家」と語ります。志村さんに対する信頼感も、カメラが回っていないところでの素顔を知っているからなのかもしれません。

加藤茶は志村けんとコントをするのが楽しい

「お久しぶりです。みなさん、お元気でしたか?オイラは志村とコントをしました。やっぱり志村とコントをするのは楽しいです」と、ザ・ドリフターズ時代の仲間である志村けんとコントで共演したことを明かし、ツーショット写真を公開した。

収入の差があった

今は望めばどんな贅沢も出来そうな二人ですが、若い頃からずっと豊かだったわけではありません。

特に、加藤茶さんよりも年が若くヒットも遅かった志村けんさんは付き人時代は食べるのにも困るほどの生活だったようです。

どれぐらい困っていたかというと、楽屋でみんながラーメンの出前を注文するときにも、志村けんさんはラーメンを頼めるだけのお金がなかったのだとか…。

そして、みんなのラーメンの食べ残しを集めて1つのラーメンにし、さらにそれを同じくラーメンを買えなかった仲間で分けあって食べていたのだそうです。

ちょっと聞いただけで吐き気がしそうなのですが、それだけ必死だったのでしょうね。

ある時、志村けんさんが残ったラーメンスープに白いご飯を入れておじやにして食べるのを楽しみに待っていたのですが、その時はメンバーがスープを全部飲み干しており、スープが残りませんでした。

すると志村けんさんは隣にいた加藤茶さんに、

「加藤さん!このライスの立場はどうなるんですか!!」

と激怒したそうです。

加藤茶さんは今でもその時のことを忘れていないそうです。

成功して大金持ちになった二人にとっては、いい思い出なのでしょうね。

ドリフターズのメンバーも全員が信頼しあっている

昨日3月4日、都内スタジオにて記者取材会が行われ、ドリフの4人が出席した。志村は「4人でやっていいですかね?」という自身の提案からドリフが揃った経緯を明かし、「今はコントをやる人が少ないので、ドリフは今までこうやっていた、と再確認してもらうために集まってもらった」とその理由を説明。コント収録を「昔のタイミングや間がよみがえってきて、『これだこれだ』と自信が付きました」と振り返った。

加藤は「4人集まると気持ちが高ぶって、年を取った自分を忘れる。年に1回は集まって、仕事じゃなくて酒でも飲もうか」と再会を楽しんだ様子。また「長さん(=いかりや長介)がいなくてもできた、っていうことは、もともといらなかったのでは?」と話してスタジオ中の笑いを誘い、志村に「飾り物で置いておかないと。リーダーですから」とフォローされていた。

仲本は「収録が始まると、どんどんテンションが上がる。若さがみなぎる。気分がいいです」、高木も「やっぱりドリフターズですよ。5人揃えば一番いいんですけど。ほかの3人、すごいよ。メンバーを見て笑ってる」と賛辞を惜しまない。記者からドリフのコントの面白さを尋ねられた際には、志村が「こうなるってわかってても毎回笑ってる。ベタは難しいんだけど、あえてやってる。ある程度、技がないとできない」と持論を展開。加藤は「古典落語と同じ。何回やっても面白い。これを誰が継いでいくのかというと、長さんが亡くなったあと、志村がずっとやってくれている。ドリフターズというのは永久にあるんだなと思います」と語った。

1