1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

朝ドラ『エール』だけじゃない!「薬師丸ひろ子」のおすすめ作品

2020年前期朝ドラ『エール』出演中の女優「薬師丸ひろ子」のおすすめ映画・ドラマ。『野性の証明』、『セーラー服と機関銃』、『探偵物語』、『ALWAYS 三丁目の夕日』、『木更津キャッツアイ』、『リットルの涙』、『あまちゃん』。

更新日: 2020年05月22日

1 お気に入り 2357 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

aku1215さん

【映画】

◆『野性の証明』(1978)

監督:佐藤純彌
脚本:高田宏治
出演:高倉健、薬師丸ひろ子、夏八木勲

森村誠一のベストセラーを、高倉健と薬師丸ひろ子主演で映画化したバトルアクション。大量虐殺事件の生き残りである少女と平穏に暮らしていた元自衛隊員・味沢は、運命に操られるように巨大な陰謀に巻き込まれていく。

『野性の証明』 小さな村で大虐殺事件。不思議な生き残り少女と元自衛隊員が巻き込まれる巨大な陰謀。 アンチ自衛隊ゆえに撮影協力ゼロ。角川映画の巨額制作費。戦車大量。ヘリ投入。高倉健+薬師丸ひろ子のスター感。RIP.佐藤純彌は常に勢い全開の稀有な監督。超展開にシビれる。 #1日1本オススメ映画 pic.twitter.com/2h99mv4wlm

映画「野性の証明」★★★★★ 1978年に公開された 薬師丸ひろ子のデビュー作 豪華キャストにアメリカでの撮影 名曲として歌い継がれる主題歌 狂気的な場面、時代背景も含めた ミリタリー・テイストなど 見所満載の日本映画の名作。 高倉健が地味な男の野性を 爆発させる!! youtube.com/watch?v=I8xOHA…

久々に『野性の証明』を観た。ラストシーン、薬師丸ひろ子を背負い、たった一人拳銃一丁で戦車と歩兵の師団に立ち向かう高倉健の姿は、何度観ても胸が熱くなる。“格好いい”とは、ああいうものをいうのだといつも思う。 #高倉健

◆『セーラー服と機関銃』(1981)

監督:相米慎二
脚本:田中陽造
原作:赤川次郎
出演:薬師丸ひろ子、渡瀬恒彦、風祭ゆき、柳澤慎吾、寺田農、大門正明

薬師丸ひろ子が弱小ヤクザの組長を襲名することになった女子高生を演じた青春ドラマ。麻薬事件に巻き込まれた組を救うため、セーラー服姿の少女がマシンガンを片手に戦いを挑む。

歴代セーラー服と機関銃、初代の薬師丸ひろ子さんが一番艶かしい。 pic.twitter.com/KvXquWBX7s

1981年12月19日『セーラー服と機関銃』公開35周年記念日! この映画の大ヒットで薬師丸ひろ子がブレイクし主題歌も売れ「カ イ カ ン」という台詞は流行語にもなり、まさに社会現象でした。 あの宮崎駿監督がセーラー服の女の子が銃をぶっ放すようなアニメだけは作るなと発言したとか。 pic.twitter.com/nxSsEJxDF8

薬師丸ひろ子目当てに『セーラー服と機関銃』を観に行き異様な興奮と余韻を覚えた。後にアイドル映画を足掛かりに枠を越え成り上がる相米慎二監督にただならぬ迫力を感じた。 以後の名作から改めて『セーラー服と機関銃』がたいした映画だったと 思う pic.twitter.com/ZWtYly9NPY

◆『探偵物語』(1983)

監督:根岸吉太郎
脚本:鎌田敏夫
原作:赤川次郎
出演:薬師丸ひろ子、松田優作

赤川次郎が薬師丸ひろ子のために書いたオリジナルストーリーを映画化。1週間後にアメリカに旅立つ女子大生・直美と彼女のボディガードを依頼された私立探偵・辻山が、ある殺人事件の捜査に乗り出すのだが…。

今夜はこれ 探偵物語です 初めて見た時はアクション俳優のイメージが強すぎてびっくりでしたが、こんな優作さんもいいですね お別れする前に好きって感情が溢れ出す薬師丸さんの台詞にグッと来ます 最後の空港でのキスシーンは寂しいけど美しいです✨ pic.twitter.com/p2uGwCqIlb

本日19時~BS朝日にて『探偵物語』が放送されます。 薬師丸ひろ子さん復帰第一作にして、松田優作さんとの身長差30cmのキスシーンが話題を呼び、配収28億を超える大ヒットを記録(ラストのキスシーンは今なお憧れデス)。先日お亡くなりになられた仙元誠三撮影監督のキャメラワークもご堪能ください! pic.twitter.com/ia1KnzRWxR

@LX26335047 2本立ても多かったですね。「男はつらいよ」シリーズは必ず2本立てだし大林宣彦監督の名作「時をかける少女」も併映が薬師丸ひろ子主演の「探偵物語」でしたからねえ。今じゃ考えられないですね。

◆『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005~2012)

監督:山崎貴
脚本:山崎貴、古沢良太
原作:西岸良平
出演:吉岡秀隆、堤真一、小雪、堀北真希、薬師丸ひろ子、三浦友和、ピエール瀧

西岸良平の人気コミック『三丁目の夕日』を「リターナー」の山崎貴監督が映画化した人情ストーリー。昭和30年代の下町を舞台に、個性豊かな人々が織りなす心温まる人間模様を綴る。忠実に再現された街並み・風俗も話題に。

「ALWAYS 三丁目の夕日」に見る薬師丸ひろ子さんのお役柄が本当に素敵でね。旦那を立てながら寄り添う姿がとても温かくて可憐でさ! 普段はおっとりで三歩下がっているけど、ここぞという時は女性の強さも持ち合わせていて。 こんな素晴らしい女性になりたい。 憧れるな〜(*´꒳`*) pic.twitter.com/OF3l55z8Rp

定期的にAlways三丁目の夕日見るんだけど今回やばい大号泣した。薬師丸ひろ子の母親っぷりと堤さんの親父っぷりが最高に好きで、六ちゃんが嫁ぐ時の最後の挨拶とか、新しい命の誕生、そして淳之介のおじちゃんへの一途な思いと茶川の不器用な優しさ、未来、昭和っていいなって思った。(号泣)

山崎貴『ALWAYS 三丁目の夕日‘64』(2012)は傑作。堀北真希、薬師丸ひろ子、小雪の女優としての可能性を最大限に汲み尽くしている。すばらしい。 d.hatena.ne.jp/kktsc/20120208

【ドラマ】

◆『木更津キャッツアイ』(2002)

脚本:宮藤官九郎
出演:岡田准一、櫻井翔、岡田義徳、佐藤隆太、塚本高史、酒井若菜、阿部サダヲ 山口智充、古田新太、森下愛子、小日向文世、薬師丸ひろこ

宮藤官九郎脚本、V6の岡田准一や嵐の桜井翔ら共演による、若者たちの友情と人生を描いたドラマシリーズ。父が経営する理容店を手伝う公平は末期ガンを宣告され、余生を好き勝手に生きようと怪盗団「キャッツアイ」を結成するが…。

木更津キャッツアイの時の薬師丸ひろ子と今のふかきょんが同じ年齢(37歳)だということに気づいて震えてる… pic.twitter.com/Us120nBDfO

1 2