1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

紹介しきれないほど他にもたくさん面白い作品があります。ぜひ読んでみてください!

ポラスさん

代表作に『少女椿』など。高畠華宵などに影響を受けたレトロなタッチと、(主に性的に)過激・グロテスクな描写、夢野久作や江戸川乱歩などの影響が色濃い幻想的・怪奇的な作風、図像・文章における夥しい引用やパロディを特徴としている。

ちなみにちびまる子ちゃんに出てくる丸尾末尾君は丸尾末広先生から名前をとったキャラだそうです。

「少女椿」

主人公みどりは12歳の女の子で母親と二人で貧しい暮らしをしている。
母親は病気のため働けず、みどりが花を売ることで生計を立てていた。やがて天涯孤独になったみどりは花を買いに来ていた男を頼るがその男は見世物小屋の主だった。こうしてみどりは見世物小屋で働かされることになるのだが……。


検索してはいけない言葉と言われているほどみどりがひどい目にあいます。
例 ひどく虐められる、〇姦される等。
しかしそんな境遇に負けずしたたかに生きていくみどりに次第に心を奪われていきます。
丸尾末広の代表作で一番人気がある作品です。
アニメにもされましたが諸般の事情により日本ではメディア化されていません。
ところがなんと2016年に中村里砂さん主演で実写映画化されました!

「トミノの地獄」

ある女優に双子の男女が生まれるが、泣く泣く親戚に預けることになる。
ひどい名前を付けられ奴隷のように働かされていた二人はとあることがきっかけで見世物小屋で働くことになった。トミノとカタンとそれぞれ新しい名前をもらい異形で個性的な仲間たちと楽しく過ごす中、戦争の影が迫っていた。引き離されてしまった哀れな双子の運命やいかに……。

少女椿に負けず劣らず残酷です。ラストは賛否両論あります。
また、トミノの地獄は西条八十の同名の詩をモチーフにしています。この詩は呪われていると言われており、寺山修司は声に出して詩を読み上げてしまったことにより亡くなったという噂があります。
絶対に声に出して読んではいけません。声を出さずに心の中で読む分には大丈夫です。

「瓶詰の地獄」

瓶詰の地獄

無人島に太郎とアヤ子という幼い兄妹が流れ着いた。いくら待っても助けは来ない。
幸い島の環境はとても良く二人が生きていくには十分だった。
しかし成長した二人はやがてある悩みに苦しむことになる……。

丸尾末広の短編集で表題の「瓶詰の地獄」のほか「聖アントワーヌの誘惑」、「黄金餅」、「かわいそうな姉」の三篇が収められています。
丸尾ワールド全開です。読んだ後しばらく頭がおかしくなります。

「笑う吸血鬼」

「永遠の命をあげよう」 そう謎の女に言われて、十四歳の少年は、吸血鬼となった…。現代日本を生きる美しき少年少女吸血鬼の物語。「少女椿」・「パノラマ島綺譚」(原作:江戸川乱歩)・「トミノの地獄」…唯一無二の“闇”を描いて、世界中に熱狂的ファンを持つ日本漫画界の魔神・丸尾末広、その魅力が横溢する傑作長篇が、手に取りやすい新装版となって、ついに刊行!(全2巻)
出典
笑う吸血鬼 1|エビテン

おそらく1990~2000年初期が舞台です。
少女椿やトミノの地獄などに比べるとこの作品が一番読みやすいと思います。
丸尾シリーズで読まなきゃいけない作品です。(全部そうですが)

1