1. まとめトップ
  2. エンタメ・カルチャー

野ブタ以外も見てほしい!人生にそっと寄り添ってくれる木皿泉の脚本ドラマ

野ブタをプロデュース。だけじゃない!木皿泉脚本の名作ドラマ

更新日: 2020年04月18日

2 お気に入り 6073 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kazooneさん

■特別編として放送されている懐かしの人気ドラマ『野ブタをプロデュース』

4月11日には特別編第1話が放送され、18日22時より第2話、4月25日より3話と4話が2週連続で放送される2005年放送の人気ドラマ『野ブタをプロデュース』。

亀梨和也やと山下智久が演じる高校生の修二と彰が、堀北真希扮するいじめられっ子の転校生・通称「野ブタ」をクラスの人気者にプロデュースしていく描く物語。

えっ❗ちょっと待って‼️‼️ トレンドに戸田恵梨香と堀北真希とか もうホントに最高すぎるよー 野ブタは青春そのもの(*≧∀≦*)❤️ #野ブタをプロデュース特別編 pic.twitter.com/vdZv0Kv0cj

野ブタ懐かしいなぁ 初めて買ったジャニーズのCDは修二と彰だったなぁ

野ブタをプロデュース の脚本は木皿泉というご夫婦の脚本家ユニットなんですけど、とにかく傑作ばかりのとんでもない脚天才夫婦なのでみんな要チェックだよ。

■実は2人で1人?脚本を手掛けた木皿泉とは

2人がつくりだす世界は、辛いことがあったときなどに背中をそっと押してもらったような感覚になる。

■『すいか』(2003年)

小林聡美、ともさかりえ、市川実日子、浅丘ルリ子、小泉今日子らが共演した2003年のドラマ『すいか』。

三軒茶屋のどこかにあるアパート「ハピネス三茶」で共同生活を送っている人生に煮詰まった真面目な銀行員、売れないエロ漫画家、定年まぎわの大学教授、若くて明るい大家らの物語。

それまで日テレ土曜ドラマはアイドルが出演していたり、センセーショナルなテーマの作品が多かった中で、すいかは高視聴率には及ばなかったが評判が高まり、脚本は第22回向田邦子賞に選ばれた。

テレビ局が苦肉の策として放映してるドラマの再放送で木皿泉作品が再評価されてるって今さらすぎる。すいかなんて最高傑作だ。

「すいか」この世知辛い世の中、生き辛い世の中と言われるいま、またTVでやって欲しい。 リメイクとかでなく、再放送でいいので。 いろんな生き方、考え方、進み方、受け止め方があって、それでいい。 どんな私も居てもいい。 それを沢山の人に知ってほしい。 pic.twitter.com/xmJECCvkSj

#再放送希望ドラマ 「すいか」(2003) 小林聡美主演、木皿泉脚本。アパート「ハピネス三茶」を舞台にした永遠の夏休み物語。 pic.twitter.com/6SLRCe5q9q

■『セクシーボイスアンドロボ』(2007年)

日本テレビ系にて2007年に放送されたドラマ。主役のロボを松山ケンイチ、ヒロインの少女ニコを大後寿々花が演じた。

七色の声を持ち他人の声も聞き分けられる14歳の少女とロボットおたくの青年が、スパイとなって大活躍する涙と感動の痛快冒険活劇。

人気コミックが原作なもあってコメディタッチだが、生きることの意味といったシリアスなテーマも込められている。

ドラマの再放送が増えてるやん。日本テレビさんには是非セクシーボイスアンドロボを再放送して欲しい。そして、放送されなかった立てこもり事件の回もちゃんと放送して欲しい。セクシーボイスアンドロボがもう一度観たい〜〜〜!!!!

松山ケンイチがドラマ初主演だったセクシーボイスアンドロボ タイトルからは想像つかないけど考えられる事の多い名ドラマ。 確か春ドラマだったからあれから13年経つのか。 pic.twitter.com/XKjvBCIRGM

野ブタなつかし!リアタイで観てなかったけど木皿泉好きなので後で彼らの脚本作品漁ってる時に観た。ほまきちゃんの美少女っぷりすごいし3人の関係性よかったな‥木皿脚本だとすいかが有名だけどセクシーボイスアンドロボという名作もある。私の中でちょうど生きづらさを感じてる時で泣きながら観てた pic.twitter.com/yEN1gY2hzj

■『Q10』(2010年)

1 2