1. まとめトップ

布製マスクの正しい洗い方

マスク不足の解消を図るため、再利用可能な布製マスクを使用する人が増えています。政府からの布マスクの配布も始まり5月中には全国のすべての世帯に布マスクが届きます。改めて布製マスクの洗い方を確認しておきましょう。

更新日: 2020年04月18日

2 お気に入り 1251 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

ZERO1さん

経済産業省 布製マスクの洗い方動画

厚生労働省及び経済産業省は、新型コロナウイルス感染症対策に対応する布製マスクの洗い方動画を作成しましたので、公表します。

■布製マスクの洗い方

準備するもの

衣料用洗剤
塩素系漂白剤
清潔なタオル
大きめの桶
台所用手袋
洗濯ばさみ

洗剤で洗う

1、まず、桶に衣料用洗剤を入れます。
商品に書かれている使用量を確認してください。
一般的な衣料用洗剤だと、水2Lに対して0.7gくらいが目安になります。
小さいスプーンだと1/2くらいの量になります。

2、洗剤を入れたら、そのままスプーンで水に溶かしていきます。

3、洗剤の中にマスクを入れて10分待ちます。

4、10分後に軽く押し洗いをしましょう。
ここでポイントは、もみ洗いをしないことです。繊維を痛める可能性があるので、かるく押し洗いをしていきましょう。

5、洗い終わったら、桶に入ってる洗剤を流します。
洗剤が飛び散らないよう、ゆっくり捨ててください。

桶に水道水をためて、マスクの洗剤をすすぎます。

6、十分すすげたら水気を切ります。

漂白剤で洗う

7、塩素系漂白剤を桶に入れます。
水1Lあたりに15ml程度を溶かし、その中にマスクを10分浸します。

8、10分経ったら、桶の漂白剤を流します。
漂白剤が飛び散らないよう、ゆっくり捨ててください。

9、次に桶に水道水をためて、マスクの漂白剤をたっぷりの水ですすぎます。漂白剤がしっかり落ちるように、もう一回水道水をためてすすぎましょう。

10、桶から出したら、タオルに挟んでたたき、水気を取ります。

11、水気がなくなったら、乾燥させます。
乾燥機は使わず、日陰干しで自然に乾燥させましょう。
形を整えて洗濯バサミで乾かします。

ポイント

炊事用手袋を使用する。

他の人のマスクと一緒には洗わない。

マスクの繊維をいためる可能性があるため、もみ洗いはしない。

マスクを洗濯した後は、十分に手を洗う。

衣料用洗剤、塩素系漂白剤を使用する際は、必ず商品に書かれている使用量を確認する。

塩素系漂白剤を使用する際は必ず台所用手袋をする。

マスクは1日1回洗う(ただし汚れたら都度洗う)。

マスクを乾燥させる際、乾燥機は使わない。

1