1. まとめトップ

今どきの東大生はどこに行くのか…と心の中

東大クイズ王を見ていますと、やはり「頭のよさ」は凡人とは違うことがわかります。それほど素晴らしい頭脳の持ち主は卒業後どのようなキャリアを歩んでいくのでしょうか。

更新日: 2020年04月18日

1 お気に入り 1724 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

東大クイズ王を見ていますと、やはり「頭のよさ」は凡人とは違うことがわかります。それほど素晴らしい頭脳の持ち主は卒業後どのようなキャリアを歩んでいくのでしょうか。

m.satoakiさん

やはり、就職先に困ることはありません

東大文系学生の進路は、進学約3割・就職約7割

理系学生の場合は進学約6割・就職約4割

就職志願者の就職先はほぼ全業種に及び、就職先に困るということはありません

誰もが憧れる就職人気企業を網羅しており、「東大」の持つインパクトや信頼性、そして圧倒的なOB力が大きな武器になっています

東大卒業生の就職先と聞いて真っ先に思い浮かべるのが「官公庁」
特に法学部はキャリア官僚を目指すイメージが強く、実際に防衛省や法務省、裁判所など各方面に採用されている実績があります。

東大の大学職員を目指して就活する傾向も、東大文系学生に多く見られます

メディア関連企業も人気
東大文系学生が多く活躍しているのは、「講談社」、NHKは、毎年多くの東大学生を採用、大手広告代理店として名高い「博報堂」、

経済学部からの就職が多いのが、金融業界
三菱東京UFJ銀行、野村證券

商社・流通業界
三菱商事、伊藤忠商事

サービス業界
帝国ホテル

別名「IT業界」とも呼ばれる情報・通信業界
富士ソフト

製造業界
人気の企業は「パナソニック」

30年前の就職状況

1989年当時、東大生の就職先で最も多いのは日本電信電話公社から民営化(85年)したばかりのNTTで57人。

大学通信の安田賢治常務は「携帯電話など、通信産業が成長として大きく注目を浴び始めたころだったので人気を集めていたのではないでしょうか」と人気の理由を推察する。

この時は、トップ5を都市銀行がほぼ独占していたことも特徴のひとつだ。金融業の好調と、それに伴う事業の好調がうかがえる。

一方、約30年後の2018年、同様に社名をトップ30に連ねているのはソニーや三菱商事など7社にとどまる。

都市銀行に至っては社名自体がランキングから姿を消すこととなった。

時代は変わっても中央官庁は東大生の「特権」
他の大学と比べてみても、各省庁別で就職者数が十数人などと上がってくるのは今も昔も東大だけ。やはり中央官庁への就職先としては東大生の“特権”ともいえる

1989年当時、特に法学部の学生たちの多くが選ぶ就職先は官僚か法曹(弁護士)
在学中に国家公務員試験と司法試験の両方に合格し『国を変えたいから官僚になる』と中央官庁への就職を選んだ学生もザラにいた

コンサルティング企業の躍進

学部卒業者の就職先企業として、2位にアクセンチュア(17人)、11位にデロイト トーマツ コンサルティング(8人)、同率17位にアビームコンサルティングとPwC(7人)がランクインした。大学院修了者では、アクセンチュアが7位(23人)、アビームコンサルティングが19位(11人)と、総合系コンサルの躍進が見て取れる

2017年卒の実績と比較すると、アクセンチュアは学部卒は昨年に続き2位に輝いたものの、大学院修了者は7位に転落。また、昨年は学部卒で7位(11人)が就職したマッキンゼー・アンド・カンパニーはトップ20から姿を消す結果となった。

学部卒業者の就職先企業では、三井住友銀行が22人で最多でした。続いて2位に外資系コンサルティング企業アクセンチュア、3位に三菱UFJ銀行がランクイン。2017年度と同様の顔ぶれのなか、2017年度13位の東京海上日動火災が同率3位に食い込みました。


三井住友銀行は17人→22人と2017年度より人数が増えたものの、三菱UFJ銀行は21人→14人と2017年度の3分の2になりました。2017年度のような三大銀行そろってのトップ10入りはなりませんでした。

三菱商事、伊藤忠商事、住友商事、三井物産の大手商社は2018年度も上位にランクインしたもののいずれも就職者数の増加は見られませんでした

銀行・商社などが例年同様の顔ぶれのなか、注目すべきがコンサルティング企業です。2017年度から入れ替わりが激しいのが特徴です

2017年度躍進を見せたアクセンチュアは2018年度も健在ですが、マッキンゼー・アンド・カンパニーとシンプレクスはトップ20から姿を消し、代わりにデロイト トーマツ コンサルティングとアビームコンサルティングがトップ20にランクインしました。

東大卒・森永卓郎氏が語る東大生のビジネス人生

東大生の心の中

東大女子の就職

東大女子の生きづらさ

卒業後、東大卒の少ない一般企業に勤めた女子たちは、「東大卒」をネタにされ、イジられた経験が少なからずあった。

「東大卒が、そんなに偉いのか」と嫌味を言われ、「女が高学歴だから、仕事ができるとは限らないんだな」とミスを執拗に指摘されたなど、主に男性上司からのパワハラだった。

勉強ができることは自分にとってアイデンティティだったはずなのに、「東大なのに、うまくいかない」と自ら壁を作ってしまって、乗り越えられない……。
それが生きづらさにつながってしまう。

長いけど…興味深い「東大女子のライフストーリー」

東大方程式ほんとに嫌い。 東大生を笑い者にしてまぁこいつら勉強とったら残念なんだろうな...みたいな安心感抱いてるやつ多すぎて草生える 東大生は見せもんじゃねーぞ

ぼく 「早稲田政経 セン利でした」 東大生 「うわー、悔しいやつや…」 元国立志望早稲田「え、すご!」 私文第一志望 「そもそも全科目受けてるのがすごいね!」 指定校推薦 「へー、まあでも俺はテスト1日だけじゃなくて3年間ずっと頑張ったんやけどな」 内部進学 「え、それってすごいの?」

1