1. まとめトップ

松本まりかのすごいラブシーンの秘密とヌード願望 まとめ

松本まりかのすごいラブシーンの秘密とヌード願望 まとめ

更新日: 2020年04月30日

1 お気に入り 29286 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

松本まりかは、怪演女優として人気

『シャーロック』(フジテレビ系)の第1話では、謎の転落死を遂げた医師の赤羽栄光(中尾明慶)の妻、灯子役を演じ、凄みのある演技がSNSでも話題になった。『ホリデイラブ』では主人公の高森杏寿(仲里依紗)を、『シャーロック』では仲里依紗の夫、中尾明慶演じる赤羽の人生を狂わせる役柄を好演。悲劇のヒロインから豹変する、その瞬間の狂気をはらむ表情が魅力的な不思議な女優だ。

激しいラブシーン

とにかくにんにくが大好きという松本は、夏にAbemaTVのドロドロドラマ「奪い愛、夏」に出演した際のエピソードを披露。ドラマでは小池徹平とのラブシーンが激しかったそうだが、小池に「私、にんにくがものすごく好きなんです」と言ったところ、優しい笑顔で「いいよ!(気にしないから)」と言ってくれたとのこと。

なので気にせずにんにくを食べていたとのことで、松本は「水を口移しにしたり…どんだけやるの? というくらいチュッチュチュッチュ。もう止まらないチュー」とお酒の酔いも入ってセクシーにコメントした。

脱ぎましたね~(笑)! 最初はまさかあそこまで脱ぐとは思っていなかったんですが、監督やプロデューサーさんと前日にベッドシーンについてのお話をさせていただいた際に「センセーショナルに、官能的に撮りたいんだ」という明確なプランを教えていただいて。すごく賛同して「やりたいです!」とお伝えしましたし、当日も覚悟をして臨ませていただきました。そこからは正直もう恥ずかしくないというか、スタッフさんが隠そうとしてくださろうとしても「いや全然大丈夫です!」みたいな(笑)。

恥ずかしさはない

監督がものすごく美しく官能的に撮りたい、印象に残るものにしたいとおっしゃっていました。私もあまり嘘はないほうがいいと思うし、そっちのほうが皆さんの心に刺さるなと、共感しましたね。ただあまり隠してないというか、裸という自分の見せたくないところも見せてるわけです。コンプレックスな部分も露わにしているんですけど、この作品にとっては必要なことだしそっちのほうが面白いと思えたので、途中から恥ずかしさはなかったですね。

ヌード願望がある

お次は「あおい」へ。「あん肝」「真子カレイのお刺身」をアテに芋焼酎などで乾杯。松本は、10代の頃からいつかヌードになりたいと思っていたそう。「ヌードってキレイじゃないですか。機会があればですけど、あっこれだな!と思えればやりたいと思います。それが写真なのか映画なのかはわからないですけど…」とコメント。

さらには「あっでも、私もう脱いでましたわ。私脱いでたわぁ~」と告白。松本は、松田美由紀家族と親戚のような関係だそうで、成人式の時の写真を松田美由紀に撮ってもらったそう。そのうち「ちょっと脱いでみようか…」と言われ、心を許していることもあり、ちょっとずつ脱いでいって最後はもう全裸だったと衝撃の告白を。

また、このイベント終了後に次回作について訊かれた松本が、「写真の世界は新しい挑戦でしたが、もっともっと表現してみたいなって。求められたら、ですが(笑)」と、意欲的な発言をしたため、ファンの期待が高まることにもなった。

1